メダカ稚魚の容器 100均ダイソーのサラダボウル他入れ物と水槽 - まるまる録

メダカ飼育

メダカ稚魚の容器 100均ダイソーのサラダボウル他入れ物と水槽

更新日:

メダカの容器を100均ダイソーで選ぶとしたら何があるでしょうか。

メダカの赤ちゃん稚魚は生まれて1週間なら小さめの入れ物のままで大丈夫ですが、それを過ぎたら大き目の容器に入れるのがおすすめです。

メダカの卵から成魚まで、大きさに合う容器をご紹介します。

スポンサーリンク

メダカの卵を入れる容器は小さくて良い

 

メダカの卵を入れる容器はというと、清潔な容器なら、何でもよいです。

水の漏れない丈夫な物であれば、プラスチック製、ガラス製、どちらでもだいじょうぶです。

上の容器はフードパックというもので、スーパーに売っています。

食べ物を入れるための容器です。

以前は、ミナミヌマエビの稚魚をこれで飼っていました。

メダカの卵を入れるならペットボトル

 

フードパックなど、容器が見つからない場合はペットボトルを切ったものでも十分使えます。

ペットボトルをよく洗い、下の部分をカッターやハサミなどで切って作ります。

上は、一番小さなサイズですが、2リットルのボトルでもいいです。

卵が孵って5日後までは、これで十分です。

卵の水は何を使う?

この間は特にカルキを抜いたものではなくて、水道水でだいじょうぶでした。

メダカの卵の管理は?

その状態で卵を流さないよう注意して、毎日水を取り替えます。

全部でなくても半分くらいでもいいです。

置き場所は直射日光を避け、暖かいところに置いた方が、卵が早く孵ります。

 

メダカ稚魚の管理 卵が孵化後

 

卵が孵ったら、孵ってから5日間は、そのままでもだいじょうぶです。

というのは、その間は餌はいらないからです。

メダカの稚魚は、養分の入った袋を体に持っていて、最初はそれを「食べて」いるので、餌は要りません。

なので、その間に新しい入れ物、容器を用意しましょう。

メダカ稚魚5日後からは大き目の容器に

メダカの稚魚は小さいので、容器としてはそのままの大きさでも十分なのですが、一つ大きな問題があります。

赤ちゃん稚魚はまだ体が小さく、餌をたくさん食べないために、どうしても初心者は餌をやり過ぎてしまうのです。

そのため、すぐに水が汚れてしまい、稚魚が死んでしまう結果になります。

少々多めに餌をやっても水が汚れないようにするには、大き目の容器に入れるのをおすすめします。

メダカの容器100均ならサラダボウル

 

メダカの容器としては、稚魚の場合は、水が深くない方がいいので、100均で手に入るものなら、ダイソーのサラダボウルをおすすめします。

100均で探せる容器なら、他にプラスチックの金魚鉢がありますが、水が深いのはメダカ稚魚が餌まで届きません。

ダイソーのサラダボウル材質が薄いものなので、水をたくさんは入れられませんが、メダカの稚魚にはそれほど水の量は要りません。浅いものの方がいいです。

むしろ、上から見てメダカがよく観察できるもので、手入れがしやすいものの方がいいので、ダイソーのサラダボウルは、この点ぴったりです。

 

レイアウトもさまざまに楽しめますよ。

 

ダイソーのコレクションボックス 四角い水槽

 

あとは、ダイソーにはコレクションボックスというプラスチックの透明な容器があります。

これをさかさまにして使います。値段は、こちらはダイソーで300円くらい。

もっと小さいサイズもあると思いますので探してみてください。

 

 

こちらは、メダカが少し大きくなってからの方がいいですね。

稚魚のうちは、上から観察するのがおすすめですが、メダカが成魚になってからは、水をたっぷり入れて、横から見る方が楽しめます。

メダカ稚魚の餌は「稚魚用の餌」を

メダカの稚魚には、メダカの成魚が食べている餌はあげられません。

粒が大き過ぎて口に入らず食べられないためです。

その状態で、いくら餌をあげても、餓死してしまいます。また水の劣化につながり、病気を誘発してしまいます。

なので、必ず、粉末になっている「稚魚用の餌」を買ってあげてください。

created by Rinker
スドー
¥549 (2019/12/08 08:44:05時点 Amazon調べ-詳細)

メダカ稚魚水槽の水換えは?

一度に全部を換えるのではなくて、毎日全体の1/3くらいの水をすくって捨てます。

そして、あたらしくカルキを抜いた水を足してください。

極端に冷たい水や熱い水でない限り、普通の水道水の温度でもだいじょうぶだとは思いますが、バケツに組んでおいて数時間置き、室温に合わせてからなら安心です。

なお前日に汲んでおいた水でも大丈夫です。

水合わせの方法については、下の記事を参考にしてくださいね。

それではまた!

tankakanren

-メダカ飼育

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.