話題とニュース

「よいお年を」の本来の使い方は?

更新日:

「よいお年を」本来の使い方はどういうものでしょうか。

スポンサーリンク


「よいお年をお迎えください」の由来

「よいお年をお迎えください」という年末の挨拶、今では誰もにでも当てはまる言葉となっています。

しかし、元々、この言葉には「ツケを清算し、気持ちよく新年を迎えるように」という意味があったそうです。

支払いがたまっている人などのための、年の瀬に交わされる挨拶が元々の意味だったんですね。

「よいお年を」はいつ使う

現在では、「よいお年をお迎えください」が使える時期は、12月中旬ごろから年末までとされています。

ただし、大晦日は、既に準備が整っているというのが前提となっているそうで、大晦日に使うのは適さない表現だとされるそうです。

「よいお年」のフレーズは、年末ぎりぎりではなく、ある程度余裕のある時期に使われるのにふさわしい挨拶といえます。

-話題とニュース

Copyright© まるまる録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.