話題とニュース

「ごまをする」の由来は 

更新日:

「ごまをする」の由来はなんでしょうか。

言葉の意味と語源、由来についてお知らせします。

スポンサーリンク


「ごまをする」の由来

煎ったゴマをすり鉢ですり潰すと、あちこちにゴマがくっつくことから、人にへつらう意味で用いられた言葉
-出典:ごまをする-語源由来辞典 https://gogen-yurai.jp/gomawosuru/

「ごまをする」は江戸時代に起源

「ごまをする」が使われ始めたのは古く、江戸時代後期のはやり言葉であるそうです。

「ごまをする」は人にへつらう意味で用いられた言葉ですが、意味の変遷の理由は、ごまをする行為そのものではなくて、すった後の様子からです。

ごまとすり鉢

煎ったゴマをすり鉢ですり潰すと、あちこちにゴマがべたべたとくっつきます。

その、胡麻がすり鉢にべたべたつく様子から、「胡麻をする」が、他人に迎合することや、偉い人に媚びへつらう意味となったのですね。

別名「あたりごま」

ちなみに、すりごまは「すり」が縁起が悪いとのことで、「あたりごま」とも呼ばれるそうです。

「するめ」が「あたりめ」と呼ばれるのと同じ語だそうですよ。

-話題とニュース
-

Copyright© まるまる録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.