話題とニュース

ダイヤモンドの名前の由来

更新日:

今日は世界ジュエリーデーです。 ダイヤモンド、その名前の由来はなんでしょうか。

スポンサーリンク


世界ジュエリーデー

今日は世界ジュエリーデーです。

ダイヤモンドはジュエリーの王様。でもその名前の由来は何でしょうね。

ダイヤモンドの名前の由来

「何にも征服できない」を意味するギリシャ語「adamazein」がラテン語化して、頭のaがとれたもの

―出典:ダイヤモンド 語源由来辞典 https://gogen-yurai.jp/diamond/

 

詳しく見ていきましょう。

ダイヤモンドは紀元前から

ダイヤモンドは紀元前のインドにさかのぼります。

しかし、それまでは単なる硬い石というだけで、美しい宝石として認められたのは15世紀になってからです。

ダイヤモンドの最初の名前

ダイヤモンドは、adamas アダマスと最初は呼ばれていました。

これは古代ギリシャ語で、征服できないの意味です。

余りにも硬いため、何者にも扱えないということだったようですね。

仏語のdiamant

その後、フランス語で、ダイヤモンドは、「diamant ディアマン」となり、それが、今のダイヤモンドになったと言われています。

明日は晴天が戻ります

それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください!

-話題とニュース
-

Copyright© まるまる録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.