話題とニュース

「いびつ」の語源 ご飯を入れるあるものと関連

更新日:

「いびつ」の語源はなんでしょうか。

言葉の意味と語源、由来についてお知らせします。

スポンサーリンク


「いびつ」の語源は

「飯櫃(いいびつ)」が転じて、「いびつ」。 飯櫃とは炊いたご飯を入れておくお櫃のことで、昔のお櫃は楕円形であったことから、楕円形を意味するようになった 

 -出典:いびつ‐語源由来辞典 https://gogen-yurai.jp/ibitsu/

 

歪(いびつ)は当て字

いびつの漢字は「歪」と書きます。

ただし、この漢字は、当て字であるそうで、いびつの元になったものは台所にある、おひつです。

「いひひつ」のいひは飯のこと

この「おひつ」は、元は「いひひつ」と呼ばれていました。

「いひ」は「飯」のことです。

昔のお櫃(おひつ)は楕円形だったので、飯櫃は楕円を意味する言葉となりました。

きれいな円形ではないことから、江戸時代以降、形が歪んでいるさまを「いいひつ」→「いびつ」として表すようになったそうです。

今日、「いびつ」の説明の際に、引用された和歌は下の作品。万葉集にある有馬の皇子の和歌です。

家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る

作者は、有間皇子(ありまのみこ)。

歌の意味は「家にいると器によそうご飯を、今は旅の途中なので椎の葉に盛る」というものです。

-話題とニュース
-

Copyright© まるまる録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.