ことば検定

「もみじ」名前の由来は?【ことば検定スマート】 答え林修

投稿日:

「もみじ」名前の由来は?

ことば検定スマートの答えと林修先生の解説をリアルタイムでお知らせしています。

ことば検定はテレビ朝日「グッドモーニング」で朝7時45分過ぎに放送、ポイントをためてプレゼントに応募できます。

スポンサーリンク

 

「ことば検定スマート」きょうの問題

「もみじ」名前の由来は?

    中から色づく

    もみ出す

 緑   何がなんでも

ことば検定スマートの答え

答えは     もみ出す

答えの元となるヒントはこちら

モミジ由来は、「もみづ」。 「もみづ」とはベニバナなどから染料を揉み出すことを意味し、平安時代頃から使われている言葉です。 ―【 “木”になるマメ知識】何が違うの? 紅葉の主役「モミジと ...http://acorn.okamura.co.jp › topics › 2018/09/10 › kouyou

 緑   「何がなんでも」は、「もう意地」だそうです。

【ことば検定スマート】答えの解説

答えの解説です。

紅葉を愛でるということは海外にもあるとは思いますが、欧米では紅葉を表す言葉がはっきりしていないようです。

さらに、紅葉を葉が赤く染まるという、染め物をなぞらえる感覚は日本独特のようです。

ベニバナを使って染め物を作るとき、「もみ出す」作業があり、それが紅葉を表す「もみじ」に転じたのが、もみじの由来であるそうです。

万葉集にもある「もみじ」

「もみじ」には、動詞がありそれが「もみづ」。

「葉が赤くなって紅葉する」という意味の、万葉集にも使われている言葉です。

児毛知山(こもちやま) 若かへるでの もみつまで 寝もと我(わ)は思(も)ふ 汝(な)はあどか思ふ 
巻14-3494 作者未詳の和歌。

意味は

この山のカエデの若葉がもみじするまでずっとお前と寝ていたいと思うが、お前はどう思うか

日本では、染料の文化があり、それが山の紅葉を愛でる気持ちにつながっているというのが、今回の解説でした。

前回のことば検定の問題

ワインが由来に関係する言葉は?【ことば検定スマート】 

ことば検定過去問一覧

過去問が時間順でご覧になれます

ことば検定

全国の天気

【今日の天気】
週の始まりとなる今日22日(月)は前線が日本列島を通過するため、全国的に雨が降ります。前線通過時は強い雨や雷、突風に注意が必要です。沿岸部を中心に風が強まり、横殴りの雨に。 雨の後は北寄りの風に変わり、気温が大幅に下がる予想です。
ウエザーニュースより

東京周辺の今日の天気

東京はほぼ一日雨です

最高気温

東京の最高気温は 19度 

プラス3度

週間天気予報

https://weather.yahoo.co.jp/weather/week/

明日からは寒気が入ります

それでは皆さま、良い一日を!

■きょうのお天気検定

お天気検定,問題,答え,今日の,テレビ朝日,グッドモーニング,依田司,週間天気予報

神奈川県伊勢原市にある”大山”の別名は?【お天気検定】 

■きょうのエンタメ検定

田中みな実 おすすめズボラ美容法は?【エンタメ検定】 答え

11月のプレゼント

ことば検定・お天気検定・エンタメ検定の11月のプレゼント賞品と応募方法

関連記事



-ことば検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.