ポツンと一軒家

ポツンと一軒家 岩手県釜石市のクレー射撃場「釜石綜合射撃場」で亡き妻とのラブストーリー

投稿日:

ポツンと一軒家、今夜は岩手県釜石市の家、クレー射撃場「釜石綜合射撃場」を経営する80代男性が登場。

ゲストは木下ほうかさんと柴咲コウさんのお二人、10月3日放送の「ポツンと一軒家」の番組内容をお知らせします。 

スポンサーリンク

「ポツンと一軒家」とは

ポツンと一軒家、今回は岩手県釜石市にある一軒家です。

岩手県と言えば、

ポツンと一軒家の番組概要

そもそも、ポツンと一軒家はどんな番組かというと

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。

そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?

衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく。

ポツンと一軒家 放送日時

10月3日(日) 19:58 ~  テレビ朝日

岩手県の一軒家の場所

今夜の一軒家は、岩手県釜石市の 釜石綜合射撃場と、そのお宅です

今夜の一軒家のみどころ

今回の一軒家は、どうやらクレー射撃の練習場であり、射撃場のお宅であるようです。

テレビ番組予告によると

  • 山奥で巨大な射撃場 銃声響く家に一人夫
  • 岩手から遠く東京へ…震災で50年ぶり再会!?
  • ドラマティック夫婦の愛
  • 妻写真とお茶を飲むのが憩い

 

岩手県でクレー射撃場

岩手県の山奥の一軒家、荒れた砂利道の先にある家とは、ただの家だけではありませんで、クレー射撃場として使われていたところです。

今でも、猟友会の練習場として使われているご様子で、地元の方「クレー射撃などができる射撃場を経営している」と教えてくれました。

祖父の土地を利用

元々この上は、住民男性の祖父の代からの土地。その頃の家業は炭焼きであったと言います。

現在80代の男性は、30台の頃、ここで、鹿の猟をする人たちがいることに着目して、射撃場を経営するに至りました。

それが釜石綜合射撃場です。

釜石綜合射撃場とは

ネットに見られる情報だと 今ももちろん、射撃場として紹介されています。

釜石綜合射撃場
取扱品目 銃砲・火薬
住  所 〒026-0121 岩手県釜石市唐丹町 川目 88-1
最寄り駅 唐丹駅(三陸鉄道 リアス線)

 

この射撃場、狩猟を楽しむ人に現在も使われていますが、その間、男性には「亡くなった奥さんと50年の時を経たのラブストーリー」があるといいます。

岩手県の古くからの山の土地と射撃場の様子、そして、経営する80代の住民男性のファミリーヒストリーをぜひこの後の番組でご覧ください。

関連記事



-ポツンと一軒家

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.