ことば検定

「暁」、元々はどういう時間帯のこと?【ことば検定プラス】 答え林修

投稿日:

「暁」元々はどういう時間帯のこと?

ことば検定プラスの答えと林修先生の解説をリアルタイムでお知らせしています。

ことば検定の放送時間は、7時台に変更となりました。、林修先生の出題です。

スポンサーリンク

 

「ことば検定プラス」きょうの問題

「暁」元々はどういう時間帯のこと?

    夜明け前のまだ暗い

    東の空わずか明るく

 緑   マラソン大会一緒に

ことば検定プラスの答え

答えは      夜明け前のまだ暗い 

ヒント:

〈暁(あかつき)〉奈良時代は「未明(あかとき)」といい、平安時代から「暁」と変化した言葉で、夜半過ぎから夜明け近くのまだ暗い頃までを指します。 いわゆる「未明」空が明るくなる前の状態を指しています。-暁、東雲、曙とはどんな夜明けを指す | 伊勢神宮「神の計らい」―https://ameblo.jp/k-konnothalasso/entry-12239502921.html

 緑  はというと、「あかつき」→「あ、勝つ気」。
林先生の説明では「一緒に走ろうという人に限って本番では先に行ってしまう」というのが、これを考えたスタッフの弁だそうです。

【ことば検定プラス】答えの解説

答えの解説です。

「暁」の和歌

暁は和歌でもよく使われる言葉です。

百人一首の30番、壬生忠岑の歌に

有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし

というのがあります。意味は

明け方の月がそっけなく空に残っていたように、あなたが冷たく見えたあの別れ以来、夜明けほどつらく思えるものはありません

というものです。

この「暁」は、月がまだある頃ですので、夜明け近くのまだ暗い頃ですね。

夜明け周辺の時間一覧

和歌に使われる言葉は、他にも「しののめ」や「あけぼの」があります。

それぞれの時間帯を一覧で示します。

あかつき夜明け前のまだ暗い頃
東雲しののめ夜が 明ける一歩手前の夜から朝に至る最初の時間
あけぼの日の出前の薄暗い時刻

前回のことば検定の問題

「米(こめ)」名前の由来で有力なものは?【ことば検定プラス】 

ことば検定過去問一覧

過去問が時間順でご覧になれます

ことば検定

 
 

きょうのコロナ感染者数

きょう朝のニュースの伝える1日のコロナ感染者数です

 前日の人数(人)今朝
東京都614502
大阪府167105
全国20321506

 

東京周辺の今日の天気

雲が多く雨が降りやすいです

雷雨にも注意!

最高気温

東京の最高気温は 29度 

マイナス3度です

週間天気予報

https://weather.yahoo.co.jp/weather/week/

明日も東京は雨がちな一日です

それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! 

■「お天気検定」「エンタメ検定」の問題と答えはこちらから
お天気検定   エンタメ検定

■7月のプレゼント

ことば検定・お天気検定の7月のプレゼント賞品と応募方法

関連記事



-ことば検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.