ポツンと一軒家

ポツンと一軒家 高知県四万十市 宮大工がリフォーム築100年の古民家

投稿日:

ポツンと一軒家、今夜は高知県四万十市の一軒家。なんと、築100年の古民家を宮大工さんが大改造されたのだそうです。

ゲストは紫吹淳・小宮璃央さんのお二人。4月4日放送の「ポツンと一軒家」の番組内容をお知らせします。 

スポンサーリンク

「ポツンと一軒家」とは

ポツンと一軒家、今回は高知県の一軒家です。

高知県と言えば、これまでにも一軒家が繰り返し選ばれているところなんですよ。

これまでの高知県の一軒家

四万十市の一軒家はこれまでにも登場しています。

ポツンと一軒家 高知県四万十町の夫婦愛と岩手県一軒家の気遣い

他にも

ポツンと一軒家、高知県高岡郡津野町と三重県 謎の円形設備の歴史

ポツンと一軒家高知県 川に子どもたちの楽園、柚子栽培の歴史

ポツンと一軒家の番組概要

そもそも、ポツンと一軒家はどんな番組かというと

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。

そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?

衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく。

ポツンと一軒家 放送日時

4月4日(日) 19:58 ~ 20:54

テレビ朝日 「ポツンと一軒家」公式ホームページ:https://www.asahi.co.jp/potsunto/

高知県の一軒家の場所

今夜の一軒家の場所は  高知県四万十市というところです。

四国の海から離れた、本当に山奥に位置しています。

テレビ番組予告

今回の高知県のポツンと一軒家の内容をピックアップ!

  • 道中まさかの出会い
  • 元宮大工が大改造した築100年の古民家
  • 山奥で親子三世代8人
  • 孫の笑顔が絶えない家の祖父母の愛とは

 

高知県の一軒家の見どころ

今回のポツンと一軒家の見どころは、何と言っても宮大工がリフォームした「築100年の古民家」というところです。

これまでのリフォームでは、黄色いお茶の佐藤さん宅が ビフォーアフターで素晴らしい家に生まれ変わった事例があります。

関連記事:
ポツンと一軒家リフォーム特集!黄色の茶葉畑の佐藤さん宅の劇的ビフォーアフター

宮大工がリフォームの贅沢

今回はリフォームを手がけたのが宮大工さんということですが、宮大工というのは、「木組み」工法で建てられる神社仏閣の建築や補修に携わる大工さんのこと。

「木組み」工法というのは、在来建築のように、ボルトをあまり使わない建て方のことです。

神社仏閣は大昔からありますが、古い時代にはボルトがなかったので、そのような方法を今も継承しているのですね。

そのぶん費用や手間もかかりますから 、宮大工が建てた家と聞くと、それだけで贅沢な家という印象が強いです。

今回の古民家のリフォームはどのように仕上がっているのでしょうか。楽しみですね。

山奥で3世代8人の暮らし

またこの家は山奥にありながら、3世代8人が住む、または利用している家だということで家そのものだけではなく、その暮らしぶりも見どころのひとつです。

祖父母にとっては孫と暮らせるのは何よりのこと、山奥であろうが、楽しい毎日に違いありませんね。

今夜のポツンと一軒家はぜひ、ご家族皆様でご覧ください。

それでは、今夜のポツンと一軒家をお楽しみに!

関連記事



-ポツンと一軒家

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.