お天気検定

明治時代、日本で牛乳が販売されはじめた時の容器は?【お天気検定】 答え

投稿日:

明治時代、日本で牛乳が販売されはじめた時の容器は?

お天気検定の答えをリアルタイムでお知らせしています。
お天気検定はテレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送、出題しているのは、気象予報士の依田司さんです。

スポンサーリンク

お天気検定の問題

明治時代、日本で牛乳が販売されはじめた時の容器は?

    ガラス瓶

    缶

 緑   紙パック

 

お天気検定の答え

答えは      缶  

ヒント:   

牛乳飲用が始まった明治初期・・・大きなブリキ缶から柄杓ですくって量り売り

後、小さなブリキ缶(180ml)に入った牛乳を得意先へ配送

1889年(明治22)・・・細口で首の長いガラスビンが登場。

1956年(昭和31)・・・日本でも初めて紙パック容器による販売(テトラクラッシック)
牛乳容器の歴史 https://www.maff.go.jp/kinki/seisan/chikusan/syouhikakudai/milkreport/attach/pdf/milk-point-2.pdf

 

お天気検定過去問一覧

■これまでの「お天気検定」の問題と答えはこちらから
お天気検定

今日のコロナ感染者数

東京都23区別コロナ感染者数 都内816人【4日】

 

東京周辺の今日の天気

関東は穏やかな冬晴れです

最高気温

東京の最高気温は 12度 

プラス4度です

週間天気予報

https://www.jma.go.jp/jp/week/319.html

木金土の今週後半は寒波がやってきます

このあと間もなく、池上彰のニュース検定が放送されます

別ページ、ニュース検定 にて更新します。引き続きクイズにご参加ください。

tankakanren

-お天気検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.