ことば検定

仲間のこと、「一味」の由来は?【ことば検定プラス】 答え林修

投稿日:

仲間のこと、「一味」の由来は?

ことば検定プラスの答えと林修先生の解説をリアルタイムでお知らせしています。

ことば検定の放送時間は、毎朝6時50分くらいから、7時半過ぎの「お天気検定」「ニュース検定」は別ページにお知らせします。

スポンサーリンク

 

「ことば検定プラス」今日の問題

仲間のこと、「一味」の由来は?

    海

    酒盛り

 緑   わたしだよ

 

ことば検定プラスの答え

答えは     海

ヒント: ネットで見つかったヒントと予想できる答えをお知らせします

一味(いちみ)の意味・由来・語源 仏教では、川が海に入ると一つの味になるように、仏法は貴賎や男女、大小などに関わりなくすべて平等無差別であることをいう。その意味から心を同じくして協力する意味や同志の意味となり、いつしか悪事を企む仲間の意味で用いられるようになった―一味(いちみ) とは - 由来・語源辞典 yain.jp › 一味

 緑  「わたしだよ」は何かというと、「イッツミー it’s me」だそうです。

「苦しい時は英語に逃げるスタッフ」さん、「英語が出てきたら”その人”が出てきたなと思ってください」と林先生。

つまりそれが「わたしだよ」のことですね。おもしろい!

【ことば検定プラス】答えの解説

ここから答えの解説です。

一味は仏教用語

仏教では、私たちは、元々「一味」の世界に生きているといいます。

大海の味がどこでも同じであるように、本旨は同一で平等無差別であるといった教えが「一味」です。

「どれほど味の違う河の水であっても、に入れば一つの味、一味(いちみ)となる」。

わかりやすく言うと、「仏の教え、その味は一つだ」と林先生が解説しています。

「一味」の辞書の意味

辞書での意味は

一味 いちみ[名](スル)
1 同じ目的をもって寄り集まった仲間。同志。また、そのような仲間に加わること。現代では、主に悪事を企てる場合に用いる。

5 仏語。現象は多様であるが、実はすべて同一で、平等無差別であるということ。また、仏の救いは平等であること。

 

現在では、辞書の1番目の意味のように「悪事を企てる仲間」との意味で、「一味」が使われるようになっていますが、元々は、尊い教えの言葉であったのです。

前回のことば検定の問題

ビジネス用語の「コンコルド効果」、意味は?【ことば検定プラス】

ことば検定過去問一覧

過去問が時間順でご覧になれます

ことば検定

今までの全問題の一覧はこちら

検定シリーズ全過去問一覧

きょうのコロナ感染者数

東京都23区別コロナ感染者数 都内1471人 宣言2週間【22日】

東京周辺の今日の天気

曇りは昼頃から

最高気温

東京の最高気温は 12度 

プラス1度です

週間天気予報

https://www.jma.go.jp/jp/week/319.html

終末は再び気温が下がり、天気が崩れます

それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! 

■「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらから
お天気検定  ニュース検定

■1月のプレゼント
ことば検定・お天気検定の1月のプレゼント賞品と応募方法

tankakanren

-ことば検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.