ニュース検定

ロジャーズ氏2018年にどこの株を手放した?【ニュース検定】池上彰

投稿日:

ロジャーズ氏2018年にどこの株を手放した?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。

ニュース検定の問題

ロジャーズ氏2018年にどこの株を手放した?

    アメリカ

    日本

 緑   中国

 

ニュース検定の答え

答えは      日本 

 ヒント:

日本株をすべて手放したのは、2018年秋のことだった。―2019/11/10 世界的投資家ジム・ロジャーズが日本株を手放した理由

ニュース検定答えの解説

ここから答えの解説です。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 日銀の真似

ジム・ロジャーズ氏の動き

ジム・ロジャーズ氏は、1969年にヘッジファンドを設立、約10年で4200%という驚異的な収益を上げました。

2018年には、日本の株をすべて売却をしましたが、最近、日本の株をまた買い増しを始めました。

買戻しをしたのは、「日本の市場そのものを買う」といわれる、日本のETF(上場投資信託)という種類の株です。

日本株を買い増しの理由

ロジャーズ氏は株の買い増しの理由を、「日銀の真似をしているだけ」と語ります。

「日本銀行の黒田東彦総裁が、新型コロナによる経済危機でお金を大量に刷り、債券やETFを買っている。黒田総裁が買うから私もETFを買う。私は日銀がやっていることをまねしているだけだ」 https://dot.asahi.com/wa/2020092300026.html

 

ETFはおすすめなのか

上記の記事アエラドットでは、ETFについて、次のように解説がありました。

短期的な売買ならあり

「安倍辞任ほどの大ニュースでなくても、市場は各種材料に反応して上下します。下がった日に勇気を出して買いに行けるのなら、ETF買いもありでしょう。でも、あくまで短期で、少し上がったら売ることです。大きい利益でなく、小さな利益を積み上げる手法がいい」―(FP)深野康彦氏

 

ロジャーズ氏が日銀の真似をするというのなら、そのロジャーズ氏の真似をして、ETFを買うのもありかもしれません。

それにしても、4200%とは驚くべき収益です。

昨日のバフェット氏に続いてロジャーズ氏の動向も注目すべきですね。

ニュース検定前回の問題

バフェット氏とランチ、去年いくらで売れた?【ニュース検定】

今日のことば検定とお天気検定の問題

三密、元々は何用語?【ことば検定プラス】

壺井栄の文学碑「桃栗三年柿八年 柚子の大馬鹿〇年」?【お天気検定】

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.