ことば検定

前門の虎 後門の狼、本来の意味は?【ことば検定プラス】 答え林修

投稿日:

「前門の虎 後門の狼」本来の意味は?

ことば検定プラスの答えと林修先生の解説をリアルタイムでお知らせしています。

ことば検定の放送時間は、毎朝6時50分くらいから、7時半過ぎの「お天気検定」「ニュース検定」は別ページにお知らせします。

スポンサーリンク

 

「ことば検定プラス」今日の問題

「前門の虎 後門の狼」本来の意味は?

    一難去ってまた一難

    挟み撃ちで踏んだり蹴ったり

 緑   野球でノックの嵐

 

ことば検定プラスの答え

答えは     一難去ってまた一難

ヒント: ネットで見つかったヒントと予想できる答えをお知らせします  大辞泉より

前門の虎後門の狼とは、一つの災難を逃れても、またもう一つの災難が襲ってくることのたとえ。
kotowaza-allguide.com › 

《趙弼「評史」から》一つの災いを逃れても別の災いにあうたとえ。(大辞泉より)

 緑  はというと、「千本もとは拷問の鬼かい」 「相当な力技」と林先生

【ことば検定プラス】答えの解説

ここから答えの解説です。

「前門の虎 後門の狼」の意味

「前門の虎 後門の狼」の意味とは

一つのわざわいを逃れても、またすぐ別なわざわいに遭う

ということです。

前後を虎と狼に挟まれていることから「挟み撃ち」という意味で使う人もいますが、こちらは誤りです。

「前門の虎 後門の狼」の由来

元々は、中国の和帝に関する言葉に由来します。

趙弼の「評史」に「諺に曰く、前門に虎をふせげば、後門に狼を進む」

(中国語 前門虎拒 後門狼進)

この

前門に虎を防ぎ、後門に狼が進んできたとはこのことだ」

との記述から採られました。

次々に災難が襲ってくるとのことなので、「挟み撃ち」では使わないようにしてくださいね。

石川啄木の用例

下は、歌人の石川啄木の用例です。

例えば我が校長田島氏のごときであったら、恐らく見もせぬうちから玄関に立つ人を前門の虎と心得て、いざ狼の立ち塞がぬ間にと、草履片足で裏門から逃げ出さぬとも限らない[石川啄木 『雲は天才である』より 1906年]

『一握の砂』石川啄木のこれだけは読んでおきたい短歌代表作8首

前回のことば検定の問題

失敗をいう「味噌をつける」、由来で有力なのは?【ことば検定プラス】

ことば検定過去問一覧

過去問一覧はこちら

ことば検定

今日のコロナ感染者数

東京都23区別コロナ感染者数 都内116人・全国614人【2日】

東京周辺の今日の天気

雨は午後6時頃から

夕方は寒くなります

最高気温

東京の最高気温は 21度 

プラス1度 平年並みです

週間天気予報

今日明日は雨あり。7日は早くも立冬です

それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! 

■「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらから
お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ことば検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.