コロナニュース

東京都23区別感染者数・都内184人 世田谷区・足立区【コロナ16日午後速報】

更新日:

東京都の23区別感染者数、東京都は16日朝までで284人、午後の速報では184人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

区別では、新宿・世田谷・港・大田・足立区の順で、新宿区の感染者数が最多、世田谷区で16人、足立区で20人の増加がみられます。

東京都の区別、市町村別の感染者数についてお知らせします。

スポンサーリンク

東京都の新型コロナ感染者数

■東京都のコロナ感染者数 

・感染が確認された人の数 184人

・これまでの累計感染者数 2万8604人

東京都は、16日午後3時台の速報値で、都内で新たに184人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

1日の感染の確認が100人を超えるのは4日連続です。

これまでの累計感染者数は 2万8604人となりました。

コロナ感染者の最新データはこちらから
東京都と全国の感染者数最新記事

全国の新型コロナ感染者数

■全国のコロナ感染者数 

・感染が確認された人の数 708人

・これまでの累計感染者数 9万1642人

全国のコロナ感染者数は16日朝までで 708人が確認され、累計感染者数は 9万1642人となりました。

コロナウイルス予防!満員電車やエレベーター・外食の際の注意点

 

東京都23区別 新型コロナ感染者数

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/hodo/saishin/corona908.html

 

東京都保健局が公開する、最新の東京都23区別の新型コロナ感染者数の一覧は上の通りです。

表中のカッコ内の数字は、既に退院をした人の数です。これには亡くなった人の数も含まれます。

上位順に取り出すと、

新宿2887人(+3人)・世田谷2353人(+16人)・港1293人(+5人)・大田区1260人(+1人)・足立1213人(+20人)

30日に大田区が、これまで5番目だった中野区を上回り、10月1日にさらに足立区を上回り、4番目になりました。

 

東京都区別感染者数の推移

感染者数の多い5区の推移は下の通りです。日付は集計をした日です

10月分の区別感染者トップ5

10月新宿世田谷区港区大田区足立区
1日28052162121610981092
2日2818 2178122111121097
3日28252091122711301110
4日28322194122911421116
5日28382196123111451119
6日28402227123611571128
7日28432238124311681137
8日28532250125911911142
9日28582270126712041153
10日28622309127812181176
11日28742311128212281185
12日28762312128512361188
13日28842337128812511193
14日28872353129312601213

新宿2887人(+3人)・世田谷2353人(+16人)・港1293人(+5人)・大田区1260人(+1人)・足立1213人(+20人)

 

これまでのコロナニュース

コロナに関するこれまでのニュースです。

大田区のデイサービスで11人

大田区のデイサービス施設、デイホームゆりの木 大田で、9月9日からこれまでに11人のクラスターが起こっていたことがわかっています。

日大バレー部で28人感染クラスター

15日までに、日本大学のバレー部で28人の感染が確認され、関東大学1部の秋季リーグの代替大会は中止が決まりました。

4連休後「感染増の地域も」

9月19日からの4連休後に、感染者が増えた地域があることが指摘されています。

北海道、埼玉、千葉、沖縄など、「感染拡大の動向に留意が必要」と専門家が警戒を促しています。

東京都コロナ警戒レベル引き下げ

東京都は、警戒レベルを一段階引き下げています。

感染者数が減少傾向にあることを踏まえ、4段階で評価する感染状況は、最も深刻な「感染が拡大している」から「再拡大に警戒が必要」となりました。

また、専門家は、新型コロナ感染者数の7月以降の減少傾向が鈍化していると発言しています。

 

新型コロナの感染者が多い区の特徴

新型コロナ発生以来の各区の状況です。

・中野区

中野区の病院、中野江古田病院では、4月に入院患者や医療従事者計92人の集団感染が判明しています。

・新宿区 

夜間営業に関わる仕事をしている人やスカウト行為をしていた人など、夜の街の感染者や客に、若い人の感染が多くなっており、小池知事は「パーティー」などの大ぜいが集まる場での感染に注意を促しています。

・足立区

足立区は、8月下旬に区内の等潤病院でクラスターが発生しました。

東京737人重症者39人/足立区の等潤病院でクラスター【24日コロナニュース】

9月12日に西葛西3丁目のフィリピンパブ 店名、マヨン2でクラスタが―発生、感染者数が増加しています。

東京206人 足立区のフィリピンパブでクラスター【13日コロナニュース】

世田谷区に感染者が多い理由は

世田谷区は、新型コロナ感染の始まった当初はもっとも感染者数の多い区となっていましたが、今は新宿区が上回っています。

世田谷区に住んでいる人に話を聞いてみると

「(世田谷区は)住んでる人が多いのかな」

「(感染者が多いのは)人口が多いからだと思う。通勤とかで、(ほかの区に)出ていき、また帰ってくる人が多いから」

と住民たちは判断しているということです。

「海外渡航者が多い」世田谷区長

世田谷区長は、区内に海外への渡航者が多いことを指摘しており、欧州で感染が拡大した3月には、帰国者の中から、まとまった感染者が出たと話しています。(4月16日時点での記事)

世田谷区でPCR検査拡充

世田谷区は、8月24日にPCR検査を独自で拡充しています。

東京都世田谷区は、発熱などの症状の有無にかかわらず、区内すべての介護施設や保育所・幼稚園の職員ら計約2万3千人を対象に、新型コロナウイルスのPCR検査を行う。保坂展人区長が24日の記者会見で明らかにした。保坂区長は「感染しても無症状な方を特定してクラスター化を防止し、地域全体の感染を防ぎたい。検査のコスト、速度、規模の面でも、PCR検査をより迅速・大量にしていきたい」と話した。24日朝日新聞 https://digital.asahi.com/articles/ASN8S628MN8SUTIL02C.html

 

コロナウイルスに感染しないために 

 コロナウイルスに感染しないために大切なのが、”三密”を避けるということです。

英語では、ソーシャルディスタンシングといわれ、1.8mの距離を保つことが良いとされています。

「三密」は具体的には下の三点です。

・換気の悪い密閉空間 
・多くの人の密集するところ 
・近距離での会話

 

スマホやタブレット端末に注意

他に、人から直接感染するだけではなく、手に着いたウイルスが物に付着することもあります。

スマホやタブレット端末にもご注意ください。

スマホにもコロナウイルス!中性洗剤の手作り除菌液で感染予防

電車での注意は下の記事に

コロナウイルス予防!満員電車やエレベーター・外食の際の注意点

コロナウイルスの満員電車「一番危険」他「クラスター発生しにくい」とも

家庭用の中性洗剤でできる除菌液

食器用洗剤などの、家庭用の中性洗剤でできる除菌、キッチンハイターなどで自作できる次亜塩素酸ナトリウム液の作り方については、下の記事をご覧ください。

スマホにもコロナウイルス!中性洗剤の手作り除菌液で感染予防

ハイターの消毒液、次亜塩素酸ナトリウム液作り方 ペットボトルで計量

それでは、皆様も、手洗いやうがい、マスクの着用など、お気をつけてお過ごしください。

tankakanren

-コロナニュース

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.