ニュース検定

1981年就任 偉大な米国の復活を訴えたのは?【ニュース検定】池上彰

投稿日:

1981年就任 偉大な米国の復活を訴えたのは?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。解説も追記します。

ニュース検定の問題

1981年就任 偉大な米国の復活を訴えたのは?

    ニクソン

    カーター

 緑   レーガン

 

ニュース検定の答え

答えは   緑   レーガン 

 ヒント:ネットで見つかったヒントと予想できる答えをお知らせします  

ロナルド・レーガン - Wikipediaja.wikipedia.org › wiki
映画俳優からカリフォルニア州知事に転じ、その後1981年1月21日に大統領に就任した。

ニュース検定答えの解説

ここから答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 反移民立国

レーガン大統領の「偉大な米国」

1981年に就任したレーガン大統領は、「偉大な米国」の復活を訴えました。

選挙のスローガンともなったのが、「Make America Great Again アメリカ合衆国を再び偉大な国に」というものです。

Make America Great Again(メイク・アメリカ・グレート・アゲイン、MAGA、日本語訳:アメリカ合衆国を再び偉大な国に] )とは、アメリカ合衆国の政治において用いられる選挙スローガン(英語版)である。1980年の大統領選挙においてロナルド・レーガンが使用したのが最初 ―wikipediaより

 

トランプ大統領との類似と違い

「アメリカを再び偉大に」というのは、トランプ大統領と似ていますが、レーガン大統領の言った

「白人も黒人も共に手を取り合い」

というところが違います。

移民を広く受け入れてきたことがアメリカの力の源泉でもあります。

メリカの有力企業の4割以上が移民とその子孫が創業したといわれています。

有力企業と創業者

アマゾンジェフ・ベゾスキューバ系移民の2世
アップル スティーブ・ジョブスシリア系移民の2世
フェイスブックエドゥアルド・サベリンブラジル系移民1世
オラクルラリー・エリソンとボブ・マイナーロシアとイラン移民の2世
イーベイピエール・オミダイアフランス移民1世
IBMハーマン・ホレリスドイツ系移民2世

―https://news.careerconnection.jp/?p=2746より

アメリカ移民の増加と分断

アメリカは伝統的に、移民立国なのです。

しかし、トランプの時代となって、移民の増加が様々に白人を圧迫。

そのため、トランプ大統領が主張する反移民政策を多数の白人が支持、深刻な分断を招くこととなっています。

 

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

GATT(現WTO)どの国が主導してつくった?【ニュース検定】

大統領選の用語解説

アメリカ大統領選用語解説 スイングステート,小さな政府他ニュース検定問題より

今日のことば検定とお天気検定の問題

祝うの由来は?【ことば検定プラス】

面積に占める森林の割合が最も高い都道府県は?【お天気検定】

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.