ニュース検定

国際連盟に加盟しなかった国は?【ニュース検定】池上彰

投稿日:

国際連盟に加盟しなかった国は?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。解説も追記します。

ニュース検定の問題

国際連盟に加盟しなかった国は?

    日本

    アメリカ

 緑   フランス

 

ニュース検定の答え

答えは      アメリカ 

 ヒント:ネットで見つかったヒントと予想できる答えをお知らせします  

アメリカ、ドイツ、ソ連が参加していないため、イギリスとフランスがリードすることが多かった。
国際連盟 - 世界史の窓www.y-history.net › appendix

アメリカの第5代大統領モンローのモンロー宣言「アメリカはヨーロッパに干渉しない、だからヨーロッパもアメリカ大陸に干渉するな」以来アメリカは、孤立主義を国是としていた。アメリカ上院はアメリカの国際連盟への参加を否決。―知恵袋

ニュース検定答えの解説

ここから答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 古い悪魔

マクロン大統領”古い悪魔”

第1次世界大戦終結100年の2018年11月、フランスのマクロン大統領はフランスで開かれた記念式典で

「古い悪魔が再度目覚めつつある」

と述べました。

マクロン大統領の演説は、暗に「アメリカファースト」を掲げるトランプ大統領を指しています。

それと類似の自国第一主義が第二次世界大戦を招いたとして警鐘を促したのです。

アメリカが提唱した国際連盟

第一次世界大戦後に、戦争を起こさないために作られたのが国際連盟です。

アメリカのウィルソンが大統領が提唱したのですが、肝心のアメリカは連盟へは不参加でした。

アメリカが不参加であったため、連盟は機能せず、日本、イタリア、ドイツの野心を阻むことができず第二次世界大戦が勃発しました。

自国第一主義

アメリカが不参加だった理由は、アメリカのヘンリー・カボット・ロッジ議員が自国第一主義を唱えたためでした。

ウィルソン大統領が提唱した国際連盟に対し、モンロー主義を唱える上院の反対(=共和党が多数)の中心となり、結局、アメリカ合衆国は国際連盟に加盟しなかった。―wikipediaより

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

1981年就任 偉大な米国の復活を訴えたのは?【ニュース検定】

今日のことば検定とお天気検定の問題

新聞記事で初めて使われた「記者による造語」は?【ことば検定プラス】

鎌倉オリジナルのバラ「鎌倉」の特徴は?【お天気検定】

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.