ことば検定

物見遊山、遊山の由来は?【ことば検定プラス】 答え林修

投稿日:

物見遊山、遊山の由来は?

ことば検定プラスの答えと林修先生の解説をリアルタイムでお知らせしています。

ことば検定の放送時間は、毎朝6時50分くらいから、7時半過ぎの「お天気検定」「ニュース検定」は別ページにお知らせします。

スポンサーリンク

 

「ことば検定プラス」今日の問題

物見遊山、遊山の由来は?

    鷹狩

    修行

 緑   味噌作りに失敗

 

ことば検定プラスの答え

答えは     修行

ヒント: ネットで見つかったヒントと予想できる答えをお知らせします    

物見遊山」は禅宗の僧侶たちの散策が語源となって使われ始めた四字熟語です。 意味は「気晴らしに見物や遊びに行くこと」ですが、本来は「一仕事終えて」というニュアンスが入っています。―「物見遊山」の意味や語源は?...biz.trans-suite.jp

 緑  はというと、「もろみ無残」。はやしせんせいは 「距離がありすぎる」と言われましたが、スタッフさん、おもしろかったですよ!

【ことば検定プラス】答えの解説

ここから答えの解説です。

物見遊山の意味

物見遊山の読み方は「ものみゆさん」。

このうち、「物見」は、「物事を見る、見物する」の意味です。

「遊山」は何となく見当がつきますが、ポイントは、「山」が何を表しているかだと林先生が言います。

これは、普通の山の意味ではなくて、仏教の寺がある「山」の事を指すそうなのです。

仏教の寺と山

宗派の長となる寺のことが「本山」または「総本山」、寺を建立することを「開山」と言いますね。

山には「寺」の意味があるのです。

「遊山」というのは、禅宗の僧が一つの寺での修行を終えた後、他の寺をめぐる修行の旅の事でした。

その間に、山をめぐりながら景色を楽しむ時間が持てたのですね。

16世紀の終わりころからは、修行の意味を離れて、単に「遊びに出ること」の意味が主流となりました。

前回のことば検定の問題

開発の由来は?【ことば検定プラス】

ことば検定過去問一覧

ことば検定

コロナ感染者数3万人を超える

東京都23区別コロナ感染者数 都内124人・全国495人【26日朝】

東京周辺の今日の天気

お昼からは晴れ

最高気温

東京の最高気温は 23度 

プラス2度です 日中はぽかぽか陽気です

週間天気予報

https://www.jma.go.jp/jp/week/319.html

明日は秋晴れ、水曜日からは雲が出やすくなります

それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! 

■「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらから
お天気検定  ニュース検定

■10月のプレゼント
ことば検定・お天気検定の10月のプレゼント賞品と応募方法

tankakanren

-ことば検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.