ニュース検定

選挙人が最も多い州は?アメリカ大統領選【ニュース検定】池上彰

更新日:

選挙人が最も多い州は?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。解説も追記します。

ニュース検定の問題

選挙人が最も多い州は?

    カリフォルニア

    ニューヨーク

 緑   フロリダ

 

ニュース検定の答え

答えは     カリフォルニア

 ヒント:ネットで見つかったヒントと予想できる答えをお知らせします  

カリフォルニア(選挙人五十五人)、テキサス(三十四人)、フロリダ(二十七人)など、選挙人の数が多い上位十一州すべてで勝利すれば過半数を獲得でき、他の州すべてで負けても勝利できます。

注記:ニューヨークは三十一

ニュース検定答えの解説

ここから答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 選挙人

大統領選挙の仕組み

アメリカの大統領選で、得票数はヒラリー・クリントン氏の方が多かったのに、当選したのはトランプ大統領でした。

これはアメリカの選挙制度の仕組みのためです。アメリカの選挙は、得票数だけでは決まらないのです。

選挙人とは

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Electoral_College_2016.svg

選挙人というのは「大統領を選ぶ権限(けんげん)のある人」のことで、州ごとに人数が割り振られています。

メーン、ネブラスカ両州以外の州では、得票首位の候補が州内の選挙人全員を獲得する「勝者独占」方式を採用しています。

「勝者独占」方式とは

勝者独占方式とは、一つの州で、対立候補より1人でも多い票を獲得したら、上に示されている数字のすべてが、その候補に加算されます。

そのため、トータルでの数字が実際の得票数とは違ってくるのです。

選挙人の上位の州

選挙人の数が多い州は以下の通りです。

  1. カリフォルニア 55人
  2. テキサス 38人
  3. フロリダ 29人

大統領選では、選挙人の数が多い上位十一州すべてで勝利すれば過半数を獲得でき、他の州すべてで負けても勝利できることになっています。(参考:「米大統領選の仕組み」より)

選挙人の数の多いカリフォルニアは激戦区とされていますが、今回の大統領選ではどうなるでしょうか、その行方が注目されます。

続きの問題
スイングステートの代表例は?アメリカ大統領選【ニュース検定】

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

大統領候補バイデン氏は誰の副大統領だった?【ニュース検定】

今日のことば検定とお天気検定の問題

洋菓子ラングドシャ、名前の由来は?【ことば検定プラス】

ヒガンバナの別名は「葉見ず○○」?【お天気検定】

アマゾンkindleアンリミテッドが99円!

今なら、2か月99円のお試し料金で、アマゾンの本が読み放題です。 10月14日までですのでお急ぎください。

アマゾンで無料で本が読める! アマゾンKindleアンリミテッドで無料本

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.