ニュース検定

1978年総裁選に敗れた福田のセリフは?【ニュース検定】池上彰

投稿日:

1978年総裁選に敗れた福田のセリフは?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。解説も追記します。

ニュース検定の問題

1978年総裁選に敗れた福田のセリフは?

    天の声にも変な声がたまにはある

    負けに不思議の負けなし

 緑   歴史は繰り返す

 

ニュース検定の答え

答えは     天の声にも  

 ヒント:ネットで見つけたヒントと予想される答えをお知らせします wikipediaより

自民党史上、現職が総裁選に敗れたのは、福田赳夫ただ一人である。記者会見で「民の声は天の声というが、天の声にも変な声もたまにはあるな、と、こう思いますね。まあいいでしょう! きょうは敗軍の将、兵を語らずでいきますから。へい、へい、へい」の言を残して総理総裁を退く。

ニュース検定答えの解説

ここから答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 目白の闇将軍

 

1978年総裁選で福田が敗北

本来は、現職の福田赳夫が圧倒的に有利なところを、大平正芳が勝利。

「目白の闇将軍」と言われた、田中角栄率いる、田中派が”ローラー作戦”を行ったためです。

田中派のローラー作戦とは

その時行ったローラー作戦とは、竹下昇が党員名簿を持ち出し、後藤田正晴が、個別に党員を訪問するやり方でした。

結果、福田赳夫が敗北。記者会見で福田は、

「民の声は天の声というが、天の声にも変な声もたまにはある」

と語りました。

 

この逆転を成し遂げた田中角栄は「目白の闇将軍」と呼ばれる以前は、その膨大かつ明晰な知識と、徹底してやり抜く実行力から「コンピューターつきブルドーザー」とも呼ばれていました。

田中角栄関連記事:
1972年”角福戦争”で勝ったのは?【ニュース検定】池上彰

なお、「勝ちに不思議の勝ちはあるが、負けに不思議の負けなし」は、プロ野球の野村克也元監督の言葉です。

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

1972年”角福戦争”で勝ったのは?【ニュース検定】

今日のことば検定とお天気検定の問題

どじょう料理、どじょうを「どぜう」と書く理由は?【ことば検定プラス】

八ヶ岳の氷室で天然氷の保管に使われているのは?【お天気検定】

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.