ニュース検定

スペイン風邪が”マスク条例の都市”でなぜ拡大?【ニュース検定】池上彰

投稿日:

スペイン風邪が”マスク条例の都市”でなぜ拡大?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

ニュース検定の問題

スペイン風邪が”マスク条例の都市”でなぜ拡大?

    守る人が少なかった

    条例が遅すぎた

 緑   早々に解除した

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   早々に解除した

 ヒント: ネットで見つけたヒントは以下の通りです

スペイン風邪の患者数が10月後半に週当たり8682だったのが、11月の最終週では57と急減した。サンフランシスコ市は11月21日、マスク条例を解除した。マスク反対派の意見に押し切られた格好だ。-https://news.yahoo.co.jp/articles/20d4074b265ff73881c7d35df3cf7d7654b10210

ニュース検定答えの解説

ここから答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは マスク条例

サンフランシスコ市の「マスク条例」

1918年9月のスペイン風邪の第二波の流行と共に、アメリカのサンフランシスコ市は翌月「マスク条例」を制定。

公共の場でのマスク着用を義務付けたのです。

その後、感染者数は急減、10月後半に週当たり8682だったのが、11月の最終週では57人になりました。

そこで、サンフランシスコ市は、11月21日、マスク条例を早々に解除。

しかし、その後再び患者数が急増、5万人が感染、3500人が亡くなりました。

「感染を抑えるためには、毅然としたリーダーシップが求められる」

と池上さんが解説をまとめています。

解説を聞いて

マスクだけが、感染を防いだというより、サンフランシスコ市は、他にも対策を施行しています。

また、マスクそのものの装着以上に「マスク条例を解除する」としたことが、人々の外出を促進するなど行動の変化を促した可能性もあります。

いずれにしても、感染症の拡大には、慎重な施策が望まれることは言うまでもありません。

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

スペイン風邪第2波が最初に襲った都市は?【ニュース検定】

今日のことば検定とお天気検定の問題

模造紙、名前の由来は?【ことば検定】

関東甲信の梅雨の最長期間は?【お天気検定】

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.