ニュース検定

野口英世は何の研究で知られている?【ニュース検定】池上彰

更新日:

野口英世は何の研究で知られている?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。 

ニュース検定の問題

野口英世は何の研究で知られている?

    コレラ

    赤痢

 緑   黄熱病

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   黄熱病  

 ヒント:野口英世は福島県出身。主に細菌学の研究に従事し、黄熱病や梅毒の研究で知られる。ノーベル生理学・医学賞の授賞候補に三度名前が挙がったが、黄熱病の研究中に自身も罹患し、1928年(昭和3年)英領ゴールド・コースト(現在のガーナ共和国)のアクラで51歳で死去。--wikipediaより

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 野口英世の誤算

野口英世が研究した黄熱病とは

野口英世といえば、黄熱病の研究で知られています。

黄熱病もまた、新型コロナウイルスと同じように感染症です。

黄熱病は、黄疸症状が出て、黒い血を吐いて死ぬこともある恐ろしい病気です。

当時、アフリカや南米などで流行していました。

原因がわからないまま、多くの人を死に至らしめていたのです。

エクアドルに赴任

その黄熱病を調査するため1918年、野口英世は南米エクアドルに赴きました。

野口は、アメリカのロックフェラー研究所の研究員でした。

当時、エクアドルでは原因不明の熱病が流行っていました。

「黄熱病の細菌を発見した」と発表したが

そして、野口は赴任してからわずか9日目で、黄熱病の原因と思われる細菌を発見したと発表したのです。

その細菌を使って、野口ワクチンが作られ、治療法が確立されたと言われました。

これで人類は、黄熱病に打ち勝ったと思われたのです。

野口の研究に疑問

ところがその後、野口は大ピンチとなりました。

研究者の間で、野口の研究に疑問を投げかける論文が、相次いで発表されたのです。

野口は焦ります。起死回生を狙って西アフリカへ旅立ちました。

そこでは黄熱病が流行していたのです。

野口ワクチンは効かなかった

しかしここでは、エクアドルで作った野口ワクチンは効きませんでした。

結局、野口は自らも黄熱病にかかり、亡くなりました。

ワイル病という別な病気

エクアドルでで流行っていた熱病は、黄熱病ではなく、ワイル病というよく似た感染症だったのです。

結局、野口英世が発見したのは、黄熱病ではなくワイル病の原因となる細菌だったのです。

ワイル病の原因は細菌ですが、その後、黄熱病はm細菌よりはるかに小さいウイルスが原因だと分かりました。

ウイルスを見ることができる電子顕微鏡が開発されたのは、野口英世が死んだ後のことでした。

野口英世は結局黄熱病の原因を見つけることができませんでしたが、目の前で苦しむ多くの人々の命を助けたのです。

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

ナイチンゲールが看護師として従軍したのは?【ニュース検定】

今日のことば検定とお天気検定の問題

「いたいけ」の由来は?【ことば検定】

サンカヨウは雨に濡れると、どう変化する?【お天気検定】

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.