ニュース検定

スペイン風邪に感染した米国大統領は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

更新日:

スペイン風邪に感染した米国大統領は?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。 

ニュース検定の問題

スペイン風邪に感染した米国大統領は?

    ルーズベルト

    フーバー

 緑   ウィルソン

 

ニュース検定の答え

答えは   緑   ウィルソン 

 ヒント:「大統領は昨木曜、重病になった。39・4度以上の高熱と大量の下痢……咳(せき)の発作は抑えられたが、病状はきわめて重かった」。これはW・ウィルソン米大統領の主治医の手紙で、1919年4月のことである。当時、第一次大戦の講和会議に出席中の彼は世界中で流行していたスペイン風邪にかかったのだ。――毎日新聞より

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 大統領の感染

スペイン風邪と戦争

スペイン風邪は、第1次世界大戦の終結を早めたと言われています。

フランス、イギリス、そしてアメリカの連合国とドイツ軍との戦いでしたが、双方とも実に半数以上が感染したからです。

スペイン風邪によって戦争どころではなくなったのです。

ウィルソン大統領がスペイン風邪

逆に、スペイン風邪が戦争を始める要因の一つになったという指摘があるのは、第二次世界大戦です。

アメリカのウィルソン大統領がスペイン風邪にかかったことが、回りまわって第二次世界大戦に結びついた可能性があるのです。

パリ講和会議の最中に感染

ウィルソン大統領が感染したのは、ちょうど1919年4月のパリ講和会議の最中でした。

第1次世界対戦の戦勝国のリーダーたちが、ドイツへの賠償金などを話し合っていた時です。

パリ講和会議では、アメリカがフランス、イギリスと対立しました。

アメリカのウィルソン大統領は、ドイツに賠償金を求めないスタンスでした。

フランスとイギリスの首相は巨額の賠償を求めました。

とりわけフランスは強硬でした。ドイツと国境を接し甚大な被害を受けたからです。

ドイツの賠償金が決定

パリ講和会議の最中に、ウィルソン大統領は突然スペイン風邪に感染、生死をさまよい四日間ベッドに伏せました。

その後、会議に復帰しましたが、もう持論を展開する気力がありません。

結局フランスやイギリスの主張が通りました。ドイツに対する巨額の賠償金が決まったのです。

賠償金でドイツ経済がひっ迫

その結果ドイツの経済は危機的な状況となり、国民の不満が高まりました。

そこで台頭してきたのはヒトラー率いるナチスです。

第二次世界大戦を引き起こしました。

スペイン風邪は歴史を悪い方向に操ったのです。

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

1918年スペイン風邪”感染第一号”が出たのは?【ニュース検定】

今日のことば検定とお天気検定の問題

ことば検定,元々の,意味,由来,今日の,グッドモーニング,林修先生

「愚公 山を移す」意味は?【ことば検定】

お天気検定,問題,答え,今日の,テレビ朝日,グッドモーニング,依田司,週間天気予報

梅雨の時期の気圧変化に敏感な生き物は?【お天気検定】

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問一覧はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

ことば検定・お天気検定の5月のプレゼント賞品と応募方法

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.