ニュース検定

1918年スペイン風邪”感染第一号”が出たのは?【ニュース検定】答えと解説池上彰

更新日:

1918年スペイン風邪、”感染第一号”が出たのは?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。 

ニュース検定の問題

1918年スペイン風邪、”感染第一号”が出たのは?

    スペイン

    アメリカ

 緑   日本

 

ニュース検定の答え

答えは     アメリカ  

ヒント:  wikipediaによると「 最初の発生 不明 最初の報告 アメリカ合衆国」とあります。

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 濡れ衣の名前

「スペイン風邪」最も深刻な感染症

感染症の歴史の中で最も深刻だったのは1918年に発生したスペイン風邪です。

わずか2年ほどの間に世界で6億人ほどの人が感染したのです。

スペイン風邪での死者は、4000万人から5000万人とも言われています。

戦争で感染拡大

当時は、第1次世界大戦の真っ只中でした。

多くの兵士が戦場に送り込まれたことで広まったのです。

スペイン風邪最初の感染者はアメリカ兵

感染源については実は今もわかっていませんが、記録上の初めての感染者はアメリカです。

発端はカンザス州の一人の兵士でした。

当時アメリカは、ヨーロッパでの第1次世界対戦に参戦することを決め、兵士を集めていました。

そのうちの一人が、1918年3月カンザス州の兵舎で高熱を訴えます。

すぐに何百人もの兵士が倒れ始めました。

それでもアメリカ兵は予定通り兵士をヨーロッパへ送り、連合国として共に戦っていたフランス兵士にも感染しました。

さらに、敵であるドイツ兵にも飛び火したのです。

中立国だったスペインが公表

当時は戦時下です。各国は、自国の兵士が次々と病気で倒れていることを徹底的に隠したのです。

しかしスペインは情報を隠しませんでした。当時スペインは、中立国だったからです。

戦争をしていなかったので病気の流行は軍事機密ではありません。

そのため国王が感染したことも伝えられました。

「スペイン風邪」と呼ばれるように

「スペインで強力な風邪が流行している」と、世界中に知られることになったのです。

そして、いつしかスペイン風邪と呼ばれるようになりました。

スペイン政府はこの名称に抗議をしましたが後の祭りです。

100年以上経った今も、”濡れ衣の名前”が使われているのです。

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

米国CDCは何の対策センター?【ニュース検定】答えと解説池上彰

今日のことば検定とお天気検定の問題

ことば検定,元々の,意味,由来,今日の,グッドモーニング,林修先生

広辞苑第7版に新掲載の言葉は?【ことば検定】

お天気検定,問題,答え,今日の,テレビ朝日,グッドモーニング,依田司,週間天気予報

気象庁が3か月予報を始めるキッカケとなったのは?【お天気検定】

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問一覧はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

ことば検定・お天気検定の5月のプレゼント賞品と応募方法

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.