ニュース検定

天然痘で滅亡した国家は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

天然痘で滅亡した国家は?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

ニュース検定の問題

天然痘で滅亡した国家は?

    モンゴル帝国

    オスマン帝国

 緑   インカ帝国

 

ニュース検定の答え

答えは   緑   インカ帝国 

 ヒント:新大陸の二大帝国であったアステカとインカ帝国の滅亡の大きな原因の一つは天然痘であった。天然痘はわずか数年間でインカ帝国人口の60パーセントから94パーセントを死に至らしめ、人口の大幅な減少を引き起こした。―wikipediaより

池上彰の解説

ここから池上彰さんの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 天然痘と国家滅亡危機

天然痘の危機

人類を最も悩ませた感染症は、天然痘です。

感染力が強く、全身に発疹が出るのが特徴です。

20世紀だけでも、3000万人が亡くなったと言われています。

アステカ王国とインカ帝国が滅亡

16世紀には、天然痘によって二つの国家が滅亡しました。

メキシコのアステカ王国と、ペルーのインカ帝国です。

スペイン人が新大陸に天然痘を

当時、植民地生活を進めていたスペイン人が、天然を痘持ち込みました。

ヨーロッパでは16世紀以前にも、天然痘が繰り返し流行していたのです。

スペイン人の多くは天然痘の免疫がありました。一方中南米に天然痘は存在せず、 人々には免疫がありませんでした。

そのためスペイン人が持ち込んだ天然痘が大流行したのです。

天然痘でインカ帝国が滅亡へ

アステカ王国とインカ帝国では、兵士を含めて死者がは急増しました。

天然痘の流行で戦争どころではありません。中南米の人口は5000万人から400万人へと、1/10以下になったという説もあるのです。

その結果スペイン軍は、わずかな兵力でアステカ王国とインカ帝国を占領できました。

天然痘が、国家の滅亡につながったのです。

当時中南米の人々にとって、天然痘にかからないスペイン人は神のような存在に見えたといいます。

そこで、スペイン人が進行するキリスト教に改宗した人が急増しました。

天然痘が社会を変えたのです。

1980年 天然痘が根絶

今では天然痘ワクチンができて、1977年を最後に患者は出ていません。

WHOは1980年に天然痘根絶宣言を出しました。

天然痘は、人類が初めて根絶させた感染症となったのです。

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

万有引力の法則を発見したのは?【ニュース検定】

今日のことば検定とお天気検定の問題

ことば検定,元々の,意味,由来,今日の,グッドモーニング,林修先生

「ジャンボ」の由来は?【ことば検定】

お天気検定,問題,答え,今日の,テレビ朝日,グッドモーニング,依田司,週間天気予報

気象庁が使う「平年」とは何年間の平均?【お天気検定】

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問一覧はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

ことば検定・お天気検定の5月のプレゼント賞品と応募方法

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.