ニュース検定

日本へのスペイン風邪”第1波”はどこから?【ニュース検定】答えと解説池上彰

更新日:

日本へのスペイン風邪”第1波”はどこから?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。 

ニュース検定の問題

日本へのスペイン風邪”第1波”はどこから?

    韓国

    香港

 緑   台湾

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   台湾  

ヒント:日本では1918年4月、当時日本が統治していた台湾にて巡業していた真砂石などの大相撲力士3人が謎の感染症で急死。同年5月の夏場所では高熱などにより全休する力士が続出したため、世間では「相撲風邪」や「力士風邪」と呼んでいた-wikipedia

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 相撲風邪

スペイン風邪の起源に”中国発症説”

スペイン風邪の起源について、アメリカからの可能性をお伝えしましたが、もう一つ有力な説があります。

中国です。この中国説の鍵となるのが”相撲風邪”です。

力士が台湾で感染

1918年4月、3人の力士が謎の風邪に感染して亡くなりました。

当時日本の統治下にあった台湾で、巡業が行われていた最中のことでした。

その後、本土に戻ってきた力士たちから相撲界に広がり、新聞に相撲風として取り上げられました。

中国起源説の考え

ポイントとなるのがそのタイミングです。

記録上スペイン風邪の、最初の感染者とされるアメリカ兵は、1918年3月に発症しました。

そしてお相撲さんたちが台湾で発症したのは、同じ年の4月です。

わずか1ヶ月で、アメリカから台湾に流行が移ったとは考えづらいですよね。

そこでスペイン風邪は、中国で発生したと推測する学者もいるのです。

アメリカに中国人労働者

当時、アメリカでは大陸横断鉄道が建設されていて、多くの中国人労働者が渡っていました。

その中に感染したがいたのではないかというのです。

また、アメリカの兵舎で流行する前に、スペイン風邪とみられる呼吸器病が、中国国内で流行っていたという記録もあります。

当時行われていた第1次世界対戦では、英仏軍が96000人の中国人労働者を西部戦線でで使っていたという事実も発見されています。

”相撲風邪”が日本初のスペイン風邪に

感染源は今も特定されていませんが、中国が発生源なら、繋がりの深い台湾でお相撲さんが感染しても不思議ではありません。

いずれにしてもこの”相撲風邪”が日本でのスペイン風邪の第一歩となりました。

この年の10月には第二波が、さらに翌年には第三波が襲ってきました。

おさまったかに見えて牙をむく、それが、スペイン風邪の本性だったのです。

ニュース検定前回の問題

ニュース検定,池上彰,テレビ朝日,グッドモーニング

スペイン風邪に感染した米国大統領は?【ニュース検定】

今日のことば検定とお天気検定の問題

ことば検定,元々の,意味,由来,今日の,グッドモーニング,林修先生

江戸時代、象の通行の際に出た「お触れ」は?【ことば検定】

お天気検定,問題,答え,今日の,テレビ朝日,グッドモーニング,依田司,週間天気予報

去年、5月の最高気温39.5度を観測した場所は?【お天気検定】

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問一覧はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

ことば検定・お天気検定の5月のプレゼント賞品と応募方法

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.