ポツンと一軒家

ポツンと一軒家 徳島県海部郡牟岐町の家族愛にあふれる一家

更新日:

ポツンと一軒家、今夜は徳島県と鹿児島県の一軒家! 

徳島県は、妻子への愛にあふれる夫とその一家が登場します。

所さんが「あまりにもいいVTRだったので、もう一回みたい!」内容は必見。

4月19日の「ポツンと一軒家」の番組内容をお知らせします。

スポンサーリンク

「ポツンと一軒家」 とは

人気急上昇、今や日曜の8時ゴールデンタイムに定着したポツンと一軒家とはどんな番組かというと

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。

そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?

衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく。

ポツンと一軒家の魅力については、下の記事をご覧ください。

ポツンと一軒家 放送日時

4月19日(日) 夜7時58分から  テレビ朝日

鹿児島県の一軒家については、こちらの記事に
ポツンと一軒家鹿児島県の”まなちゃん荘”南さつま市金峯山

・・・

徳島県の一軒家はどこ?

今回の徳島県のポツンと一軒家は、徳島県の南部、太平洋側にある深い山の中、徳島県海部郡牟岐町(あまべぐんむぎまち)というところ。

一軒家と言えば、一軒家なのかもしれませんが、それにしても広く大きい敷地の中に、建物が複数見えます。

その他にも、長細いビニールハウスのような建物(?)が多数見えるということは、何かをこちらで栽培されているのでしょうか。

「コンドウさん」のお名前が判明

地元の集落で確認してもらうと、「コンドウさんやな」と即答。

奥さんは外国の方で、家族で住んでいるとのこと。空き家でなくてよかった!

お名前がわかって、道も教えてもらい、ほっとしたのも束の間、木々が生い茂る細い林道と牟岐川上流の川沿いの崖路、あいかわらず車一台のみが通れる道です。

この深い山奥に、本当に住んでいる人がいるのか?という疑念がふつふつと…

広さが千坪以上もある棚田で育苗

細い山道の先にあったのは、雄大な山を大きく切り開いた広大な土地でした。

ご主人は、近藤敏一さん。何代前ものご先祖が開拓して以来、こちらにずっと住まわれているそうです。

広さが千坪以上もある棚田ですが、害獣被害が多く、ビニールハウス以外は放置、今は米の育苗だけを作っているそうです。

1万5千坪の田んぼを借りて、一人で耕作、それでもギリギリ生活が成り立つくらいの収穫量だとか。

6年待ってジェニファーさんと結婚

大工さんをされていた敏一さんがリフォームした家に、住んでいるご家族は、奥さんと子どもが3人です。

奥さんとの結婚は2006年のこと、21年前に出逢い交際を開始。

結婚したのは7年後ですが、そのわけは、奥さんがフィリピンの家族を支えていたからですね。

敏一さんは6年も待ちに待って結婚。

今は徳島の山の中に住んでいるジェニファーさんですが、もう慣れたと話されました。

病院が遠くて車中で出産!

子どもたちも、学校まで遠くても楽しく通われている様子ですが、お子さんが生まれる時は、山の中から病院までが余りに遠いので、友里加ちゃんは車の中で生まれたのだとか。

病院から遠い時には、出産される時も大変なんですね。

家族と過ごす時間が一番

そして結婚したら、敏一さんは、外国出身の妻を一人にできないということで、それまでの大工から農家へ転職を決意されたとか。

収入は激減してしまったそうですが、家族といる時間が増えたので、子どもといられるのが一番だと話しました。

ジェニファーさんも「幸せ」と話して、敏一さんも「よかった!」という終わり方には、ほっこりしましたね。

お金では買えない幸せがあるということをあらためて知らせてくれた、今回の徳島県の一軒家、近藤家の皆さん、ありがとうございました!

”黄色のお茶”の佐藤家シリーズ

前回大人気だった、”黄色のお茶”の佐藤家リフォーム
ポツンと一軒家佐藤家、築150年リフォーム後の古民家の様子

佐藤家の初登場の放送
ポツンと一軒家、静岡県のどこ?静岡市葵区諸子沢の黄金みどり茶畑

黄色のお茶体験
黄色の茶葉が育つ静岡県佐藤さんの茶畑で黄金みどり体験プログラム

※ポツンと一軒家。人気の回の一覧はこちらから
「ポツンと一軒家」人気の回の一覧まとめ

太陽の末裔観るなら<U-NEXT>

tankakanren

-ポツンと一軒家

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.