コロナニュース

岡江久美子さんが新型コロナ感染で死去 乳がん手術後で「免疫力低下」とも

更新日:

岡江久美子さん、63歳が新型コロナ感染による肺炎で亡くなったというニュースです。

3日に発熱、6日に入院後、亡くなったのは23日朝で、それ以前に乳がんの手術後の放射線治療を受けていたということが伝わっています。

スポンサーリンク

岡江久美子さん死去 63歳 新型コロナに感染

俳優の岡江久美子さんが、新型コロナウイルスによる肺炎のため、23日朝、東京都内の病院で亡くなりました。63歳だそうです。

NHKニュースが、23日の午後3時56分に速報で伝えているのは以下の通りです。

岡江久美子さんの訃報

俳優の岡江久美子さんが、新型コロナウイルスによる肺炎のため、23日朝、東京都内の病院で亡くなりました。63歳でした。

所属事務所によりますと、岡江さんは今月3日に発熱したあと、6日朝に病状が急変して緊急入院し、その後のPCR検査で新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

その後も集中治療を受けていましたが、23日午前5時20分、肺炎のため亡くなったということです。

岡江久美子さん、乳がんの手術

岡江さんは去年の末に初期の乳がんの手術を受け、ことし1月末から2月半ばにかけて放射線治療を行っていたということです。

事務所は、免疫力が低下していたことが重症化した原因ではないかとしています。

岡江久美子さんの夫は大和田獏さん

岡江久美子さんの夫は俳優の大和田獏さん、娘も俳優の大和田美帆さんです。

それぞれ外出を自粛し、現在、症状は出ていないということです。

「はなまるマーケット」の司会で人気に

岡江さんは東京出身で、昭和50年にテレビドラマでデビューし、その後、NHKの「連想ゲーム」など多くの番組に出演。

また、平成8年から26年にかけて、薬丸裕英さんと一緒に、TBSのバラエティー番組「はなまるマーケット」の司会を務め、楽しい番組で人気でありましたのに、今回の訃報は大変残念です。

最新コロナニュースはこちら
新型コロナ関連最新ニュース

乳がんの放射線治療後の肺炎について

乳がんの放射線治療の標準的な期間は、5週間とされており、その間は毎日病院に通院することになります。

乳がんの手術の部分のある胸部に放射線を照射するため、肺の一部にも放射線がかかることとなり、放射線治療による肺の障害が原因で肺炎が起きることがあります。

その場合の肺炎は、「放射線肺臓炎」と呼ばれ放射線肺臓炎は、放射線治療中から終了後6ヶ月以内に起こりやすいといわれています。

新型コロナの肺炎の発症と、放射線治療との関連は今のところよくわかっていませんが、放射線治療を受けた後に肺炎が起きやすい状態であること、また、一般的に入院や手術後には体力や免疫力が落ちることは十分に考えられます。

基礎疾患のある方含め、現在他の病気で闘病中の方、そして病後の方も、感染には十分気を付ける必要があると思われます。

大変残念な訃報ですが、同じ病気の経験のある方も、恐れ過ぎることなく留意してお過ごしください。

マスク最新情報

12日時点で販売・在庫あり。翌日発送、3日で到着レビュー多数。

tankakanren

-コロナニュース

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.