コロナ関連

マスクが買える店、穴場情報と品切れの際の手作りマスクの作り方

更新日:

マスクがどこで買えるのか、品切れとなっているマスクの在庫がある店舗の穴場情報と、マスクを手作りするときの作り方が朝のニュース番組、グッドモーニングで紹介されていました。

また、マスクは手作りで簡単にできますので、マスクが切れた際、不安になる前にぜひお試しください。

なお、この記事は、4月4日現在の新情報を加えながら、随時更新していきます。

スポンサーリンク

マスクが品切れに

全国でマスクが品切れとなり買いたくても買えないという人が続出しています。

コロナウィルス流行の報道により、マスクが品切れするところが続出、場所によっては高額で販売するところも出てきました。

マスクがなんとか通常の価格で手に入らないか、その情報のお知らせです。

なお、14日夜に安倍首相がコロナウイルス対策について国民に説明をする記者会見を開きました。

安部首相がコロナ対策について記者会見「緊急事態を宣言する状況ではない」

その際、マスクについては、北海道に配布をすることと改善を図ることを話しましたが、品薄がいつ解消されるのかということは、明確には話されませんでした。

「マスク供給は5月か6月」の見通し

マスク製造大手、興和(名古屋市)の三輪芳弘社長は、感染拡大についての政府の会議に出席した26日、品薄の解消見通しを記者団に問われ、「5月か6月くらいには供給が追いついてくるんじゃないかと思う」と話しているということです。

各家庭に布マスク2枚を配布

※マスクの洗い方については、下記事を参照してください
マスクの洗い方 ハイターで消毒できる 花王が紹介して話題に

※手作りマスクの提案
手作りマスクの作り方 ゴム通しも端縫いも不要、4針縫うだけで立体に

トイレットペーパー不足

なお、3月に入って、トイレットペーパーが不足しているとの情報がSNSで流れましたが、これはデマであるということです。

昨日、デマを流したのは、生協の職員であることが判明しました。

3月25日現在は、紙類は店頭に豊富にみられ、不足しているとの情報はありません。

マスク品薄解消の見込み

マスクは、コロナウイルスの流行後、すぐ増産体制に入っています。

マスクの品薄解消の見込みと時期について官房長官は、2月12日の会見で「来週以降」マスク不足が緩和される見通しであると話したのが最初です。

マスクに関する最新報道

政府は、今後国がマスクを買い上げすると発表。

その上で、3月4日、国が保有するマスク数を743万1300枚と報告しています。

このうち、新型コロナの感染者数の多い、北海道に送るのが400万枚、一方、民間に放出できる枚数は「調査中」としています。

マスク品切れが継続

しかし、店頭での品薄、または品切れは改善されていません。

依然としてお店に置いていないという地域が多いです。

そこで今朝はマスクはどこに売れ残っているのか、マスクの穴場情報と、マスクが手に入らなかった場合どのようにすればいいのかをグッドモーニングが専門家に聞いたものをまとめます。

 

マスクが買える店の穴場情報

使い捨て用のマスクについては、グッドモーニングでは高い確率でマスクが手に入る”マスクの穴場”を見つけたといいます。

それは下の3つです。

1.家電量販店
2.大型ディスカウントストア
3.調剤薬局

家電量販店、電気店でマスクが買える

家電量販店には、電気製品だけではなく、生活用品が置いてあります。

都内でも、10店舗中、5つのお店で在庫があったそうです。(2月4日時点で)

箱入りのものは在庫がないという場合でも、袋入りの5枚が入っている小分けタイプのものについては、在庫があるそうです。

大型ディスカウントストアにもマスクの在庫あり

二つ目の穴場は大型ディスカウントストアです。

こちらも10店舗注5つの店舗で在庫があるそうです。

マスクが手に入る時間帯は?

グッドモーニングの取材では、一部のディスカウントストアにおいても、定期的にマスクが入荷できており、その都度店頭に並べているそうです。

つまり、商品を並べるということは通常通り行っているので、並べた時にすぐ買えば手に入るということになります。

おおむね、店舗の品出しというのは、開店前か開店直後に行われていることが多いので、早めにお店に行ってみると手に入りやすいかもしれません。

調剤薬局の店頭

三つめの穴場は、薬などを受け取る調剤薬局の店頭です。

ドラッグストアではなくて、町の小さな薬局の方ですね。

レジの周りに歯ブラシや食品などに交じって、調剤薬局の店頭でもマスクが売られています。

これも10店舗中4店舗で在庫があったそうです。

薬局の場合は、1枚単位のばら売りが多いそうですが、場合によっては5枚入りの販売もあるということです。

実はマスクはコンビニにもある

マスクについて、2月21日のテレビ朝日グッドモーニングの最新情報からお伝えします。

実は、コンビニには、マスクの納品は引き続き行われているというのです。

流通アナリストの渡辺広明さんは、下のように解説、

コンビニ自体はかろうじて毎日、各店の店舗に夜、マスクが納品されている状況

 

コンビニの本部は商品を定期的に供給する義務があり、なるべく商品を切らさないようにするためだといいます。

 

ただそれでも店頭に出せるマスクの数が少なく、入荷してもすぐに売り切れてしまう可能性が高いとのことです。

コンビニでマスクを買うには、店主がマスクを店に並べる時間帯を狙って出かけていくのがいいようです。

 

手作りマスクの作り方

下の方法で手作りすることもできます。

警視庁のホームページ公開されている災害時の手作りマスクの作り方です。

■手作りマスク材料
・キッチンペーパー
・輪ゴム
・ホッチキス

作り方は簡単でキッチンペーパーを蛇腹状に折りたたみ、その両端に輪ゴムをホッチキスで留め付けるだけでできます。

1.キッチンペーパーを蛇腹に折りたたみます。

2.端に輪ゴムを1つ、または2つつなげたものを、ホッチキスで留めます。

広げて使用します。

マスクをつけたところ。

見た目もそれほど違和感はありません。

留める場所は

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kurashi/saigai/yakudachi/tips/894323445411889152.html

蛇腹に重ねた部分を全部留めるのと一緒に、輪ゴムを挟んでホッチキスで抑えるように留めます。

 

この作り方は、警視庁のHPで公開されています。

また、みたかヘルスケアクリニックの福島院長によると、飛沫を防いだり、のどを保護したりと一定の効果はあるということです。

ガーゼのマスク

みたかヘルスケアクリニックの福島院長によると、マスクが手に入らない場合は、使い捨てではなく、ガーゼのマスクでもだいじょうぶだそうです。

ガーゼのマスクを使う時には、通常の洗濯でウィルスは洗い流せるということです。

ガーゼのマスクは手作りもできます。

また、材質もガーゼにこだわらず、ハンカチやバンダナなど、手持ちのマスクがない時には、あるもので工夫してみてください。

柔軟な発想で乗り切りましょう。

マスクの再利用も可能

3月に入って、マスクの再利用も可能とする報道がありました。

東邦大学看護学部感染制御学研究室の小林寅喆(いんてつ)教授によると、下の通りです。

マスクの洗い方

一度使用したマスクの洗い方は

洗濯機で優しく洗う機能を使うか、家庭用の中性洗剤で優しくもみ洗いをして、よく乾かす

ただし、上記は「もともとマスクは症状の出ている人が着けますが」というのが前提です。

元々、マスクでの予防効果は絶対ではないといわれています。

また、一度洗ったマスクの性能は落ちますが、それを補うには、ガーゼや薄手のハンカチ、ティッシュペーパーなどを内側にはさむのがいいそうです。

もちろん、使ったガーゼやハンカチ、ティッシュの使用済みの物については、捨てるか洗うかする必要があります。

マスクにアルコールや消毒薬はNG

マスクに、アルコールを吹き付ければ再利用ができるという報道もありましたが、これについては、否定されています。

マスクにアルコールスプレーなど消毒薬をつけることはすすめません。消毒薬は体内に入れてはいけないからです。

元々マスクの予防効果は絶対ではありません。

なので、無理して、高額のマスクを買わない方がいいと思われます。

以上、マスクの最新ニュースと、穴場情報他についてお伝えしました。

おすすめのマスク

4月7日時点で販売、在庫あり。
「注文から3日で届いた」とのレビューがあります。

tankakanren

-コロナ関連

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.