ニュース検定

本田宗一郎が1960年に行ったのは?【ニュース検定】答えと解説池上彰

更新日:

本田宗一郎が1960年に行ったのは?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。 

ニュース検定の問題

本田宗一郎が1960年に行ったのは?

    本田技術研究所設立

    F1参加

 緑   ホンダジェット開発

 

ニュース検定の答え

答えは      本田技術研究所設立

ヒント:本田技術研究所は、1960年に創業者の本田宗一郎氏が、業績に左右されず自由な研究環境を実現するために設立された。

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 宗一郎の肝いり

本田宗一郎の肝いりの施設、技術研究所

本田宗一郎肝いりの施設がこちら、本田技術研究所です。技術の総本山と言われています。

本田技術研究所は、本田宗一郎の発案で1960年に完全に独立した別会社として発足しました。

そのため利益追求だけにとらわれず、将来を見据えた独創的な技術を生み出すことが可能となりました。

世界を驚かせたCVCC の開発

様々な新しい技術が開発されましたが、中でも世界が驚いたのが CVCC というエンジンです。

当時世界で最も厳しいとされたアメリカの排ガス規制をクリアし、そのエンジンを搭載したシビックが大ヒットしたのです。

研究所のトップから社長へ

歴代の本社社長のうち、前社長までは全員この研究所のトップを務めています。

その本田にとって聖地とも言える技術研究所の機能は、この4月大幅に変化しました。

研究所をホンダ本体に

四輪車の商品開発をしていた部分が、本田本体に移されたのです。

技術研究者のおよそ14000人の社員の大半を移動します。

ホンダの狙いは、指揮系統を一本化して効率化を図ろうというものです。

新型車の企画から部品調達、 工場での量産、そして営業までを一貫して手掛ける体質に改めます。

自動車業界は今100年に1度の変革期を迎えています。

ホンダはホンダ創業者肝いりの技術研究所にまでメスを入れ、変化に対応しようとしているのです。

前回の問題

東日本大震災”液状化”特に深刻だったのは?【ニュース検定】

ことば検定,元々の,意味,由来,今日の,グッドモーニング,林修先生

モナリザ、「モナ」とは何のこと?意味【ことば検定】

お天気検定,問題,答え,今日の,テレビ朝日,グッドモーニング,依田司,週間天気予報

レオナルド・ダ・ヴィンチが研究していたのは?【お天気検定】

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問一覧はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

 

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.