ポツンと一軒家

ポツンと一軒家佐藤家、築150年リフォーム後の古民家の様子

更新日:

29日のポツンと一軒家リフォーム特集は、昨年登場した静岡県静岡市葵区諸子沢の黄色のお茶葉「黄金みどり」を栽培する佐藤家。

築150年の古民家はリフォームでどう生まれ変わったでしょうか。佐藤家のビフォーアフターをお伝えします。

スポンサーリンク

ポツント一軒家リフォーム特集

3月29日のポツンと一軒家は、なんと「劇的!ビフォーアフター」とのコラボ番組で、匠が各一軒家をリフォームするその前後をルポするという内容でした。

登場したのは、黄色の茶葉を栽培する佐藤家です。この記事では、佐藤家のビフォーアフターの画像を掲載します。

29日のポツンと一軒家の番組内容はこちら。

 

黄色のお茶葉「黄金みどり」の佐藤家

佐藤家のあるのは、ここ。静岡県静岡市葵区諸子沢というところ。

佐藤家はここで、黄色の茶葉の「黄金みどり」を栽培、黄色に輝く茶畑に残るのは、今は築150年の古民家の母屋です。

佐藤家の人々は、およそ45年前に山を下りて別なところで生活をしており、この45年間無人の母屋をお茶でもてなせる場所として、何とか再利用したいということで、番組スタッフに相談。

そして、今回のリフォームが実現しました。

詳しいいきさつは、ポツンと一軒家リフォーム特集!黄色の茶葉畑の佐藤さん宅の劇的ビフォーアフターをご覧ください。

 

佐藤家の人々がリフォーム後の家に

佐藤家の人々です。

 

これから、リフォームを完了した母屋を見に行きます。楽しみですね。どきどき・・・

 

リフォームの匠は、こちら、松永務さん。アトリエMアーキテクノの一級建築士の方です。

ビフォーアフターを見ている方にはおなじみの方かもしれません。

それでは、実際の佐藤家のビフォーアフターはこちらです。

 

リフォーム後の佐藤家のビフォーアフター

 

元々の母屋の外からの様子はこちら。築150年の古民家です。

 

これが、古民家の風情を残したまま、こんな風に。

左側に見える部分が、黄色のお茶のおもてなしコーナーです。

この、おもてなしコーナー部分は、足湯をしつらえられてこんな感じに。

 

ここから見る景色は、この絶景です。

母屋の縁側部分から見る景色です。

左側に見えるのが、黄色のお茶体験プログラムに使われる、天空の茶の間ですね。

デッキの上でくつろぐ職人さんたちです。

黄色のお茶で休憩中。

佐藤家の室内

 

こちらは、土間のある厨房につながるコーナー。

このテーブルの上でも、お茶のお客さんがくつろぐことができますよ。

広い板の間。真ん中に、囲炉裏風の部分も工夫されています。

*

こちらは、屋根裏の隠れ家風の小部屋です。すてきですね。

お茶道具のディスプレイも工夫されています。

これらの部材は、古くから佐藤家にあるものを再利用して作られました。

 

素敵になった母屋を見て、涙ぐむ佐藤家のお母さん。

良かったですね。

 

佐藤家リフォーム費用

佐藤家リフォーム費用は

佐藤家のリフォーム費用は、予算400万円。

工事費は、デザイン費用を含まずに、3920000円で収まりました。

黄色のお茶の体験プログラム

こちらでは、黄色のお茶の体験プログラムが行われています。

予約して訪問することができますよ。

体験プログラムについては、下の記事でご覧ください。

黄色の茶葉が育つ静岡県佐藤さんの茶畑で黄金みどり体験プログラム

1年前の佐藤家のポツンと一軒家の番組はこちら

ポツンと一軒家、静岡県のどこ?静岡市葵区諸子沢の黄金みどり茶畑

太陽の末裔観るなら<U-NEXT>

tankakanren

-ポツンと一軒家

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.