コロナ関連

マスクの洗い方 ハイターで消毒できる 花王が紹介して話題に

更新日:

マスクの洗い方と再利用についてが、テレビ朝日のグッドモーニングで放送されました。

花王がネットで伝えて話題になっているものですが、グッドモーニングではテレビ画面で草なぎアナウンサーが実演、マスクの洗い方がよくわかるものとなっていたのでご紹介します。

スポンサーリンク

マスクの洗い方

洗い方の紹介されていたマスクの種類は、不織布でできた使い捨てのマスクではなくて、ガーゼや布で作られたマスクです。

市販のガーゼのマスクはもちろん、手作りマスクでも、同じように洗って繰り返し使用ができるようにするというものです。

洗い方を伝授するのは洗剤のプロ、洗剤メーカー花王の研究員。ネット上で伝えたこの方法はたいへん話題になっています。

マスクを洗うのに必要な物

マスクを洗うのに必要な物です。

・衣料用洗剤 10ml程度
・塩素系漂白剤(ハイターなど)10ml程度
・水1リットルx2
・ゴム手袋
・マスクを浸す容器 バケツや洗面器など

マスクの洗い方の概要

マスクの洗い方を順番に説明します。

1.マスクを洗剤の水に10分浸す

 

1.マスクを洗剤を溶かした水に10分間浸す

量の目安は、水が2リットルに対して、洗剤は0.7g

マスクを10分間ひたし、軽く押し洗いをします。

その際、もみ洗いはしないようにとのことです。

2.塩素系漂白剤につける

2.塩素系漂白剤のキャップ7分目(15mL)を水1Lに溶かした液に、マスクを10分間浸す

量の目安は、水1リットルに 15ml。

マスクを10分間浸します。

3.すすいだマスクをタオルに挟む

.取り出したマスクを水道水を用い十分にすすいだ後、清潔なタオルに挟んで水分を吸い取ってから、日陰で干します。

形をよく整えて干してください。

 

マスクの洗い方

番組でアナウンサーが実際にマスクを洗ってみた、その映像です。

バケツや洗面器などの容器に1 L の水を入れ、衣料用洗剤を溶かします。

その中にマスクを入れて、10分間浸します。

次は、塩素系漂白剤を水に溶いたものを作ります。

塩素系漂白剤で、マスクの消毒ができるそうです。

その液に、再度マスクを10分間浸します。

 

浸し終わったマスクを取り出して、水道の下などで水を流しながら、水でよくすすぎます。

すすいだマスクは、軽く手で押して水気を落としたら、清潔なタオルに挟んで水分を吸い取るようにします。

ねじったり絞るようにするとマスクの形が壊れるのでやめましょう。

水分を切ったマスクを、洗濯ばさみなどに挟んで、布を伸ばすように形を整えて干します。

布製品はいずれも、皺がよったり、折り目がついたまま乾かすと、その形のままに乾いてしまうので、上下左右を一度伸ばしてから干してください。

マスクに触ったあとは手を洗う

ウイルスがマスクから手にうつって、手についている可能性があります。

マスクを洗い終わった時点で、手をよく洗いましょう。

マスクを洗う際の注意点

マスクを洗う際の注意点は、複数のマスクを一度に洗わないということだそうです。

一枚のマスクにウイルスがついていた際は、全部のマスクにウイルスが移ってしまいかえって感染の危険が高まってしまうことがあるそうです。

それと、当然ですが、通常の衣類と一緒に洗濯機で洗うことも避けましょう。

また、塩素系漂白剤は、素手ではよくありませんので、ゴム手袋を使用して、手では直接触れないようにしましょう。

不織布の使い捨てマスクは洗える?

不織布のマスクについては、洗うと効果が落ちてしまうため、基本的に洗うことはお勧めできないそうです。

マスク不足続く見込み

マスクは、政府も増産を依頼したり、政府が買い上げて北海道に送るなど、配布先を調整しているということなのですが、マスク不足解消の見込みに至っていません。

必要な方は、布マスクを手作りしたり、マスクを早めに予約するなどの対策をして、予防につとめてくださいね。

おすすめのマスク

4月7日時点で販売、在庫あり。
「注文から3日で届いた」とのレビューがあります。

tankakanren

-コロナ関連

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.