ことば検定

サボテン、名前の由来は?【ことば検定】 答え林修

投稿日:

サボテン、名前の由来は?

ことば検定の答えと林修先生の解説をリアルタイムでお知らせしています。

ことば検定の放送時間は、毎朝6時45分くらいから、7時半過ぎの「お天気検定」「ニュース検定」は別ページにお知らせします。

スポンサーリンク

 

「ことば検定」今日の問題

サボテン、名前の由来は?

    砂漠

    石鹸

 緑   上司が厳しいから

ことば検定の答え

答えは     石鹸

 江戸時代に畳についた油の汚れをとるのにサボテンを切り取ってふき取ったので「シャボン」と呼ばれ、それがシャボテン、転じてサボテンに変化

 緑  はというと、「サボれん」(上司が厳しいから)。

「こういうゆるいボケを考えたのは誰なのか?」林先生曰く、若手ディレクターさんだそうです。林先生は厳しい評価でしたが、十分おもしろいですよ!

【ことば検定】答えの解説

ここから林先生の解説です。

サボテンはアメリカ大陸原産

 

サボテンはアメリカ大陸原産で、江戸時代初期に日本にウチワサボテンが入ってきたのが最初です。

ウチワサボテンは、葉っぱの広い大きなサボテンで、その形から仙人掌ともいうそうです。

メキシコでは、ウチワサボテンを野菜として食べたり、解熱剤として使ってもいました。

サボテンは石鹸の代用

日本でも江戸時代の本草学者 貝原益軒は『大和本草』で、ウチワサボテンを畳みなどの汚れを取るのに良いとのべました・

油ノケカレヲヨクトル(油の汚れを良く取る)--『大和本草』貝原益軒

サボテンが、石鹸のように使われたというのですが、現代からすると意外な使い方ですよね。

当時、石鹸をポルトガル語でシャボンと読んでいました。

そこから、サボテンも同じ語源で「シャボン→シャボンティ→サボテン」となって、今もその名前で呼ばれているのだそうですよ。

前回のことば検定の問題

切手、「手」の由来は?【ことば検定】

依田司さん紹介

多肉植物の寄せ植えがかわいい!作り方をグッドモーニングで紹介

東京周辺の今日の天気

強風注意 全国的に雨です

最高気温

東京の最高気温は 15度 

4月並みの暖かさです

全国の天気

週間天気予報

明日から北日本を中心に冬の嵐となります

週明けは若干寒さが戻ります

それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! 

このあとの、「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらです!
今日の放送後に更新します。

「タラの芽」と同じ仲間の山菜は?【お天気検定】

東京五輪聖火ランナー出発地はどこ?【ニュース検定】

依田さんが多肉植物の寄せ植えを紹介。

多肉植物の苗と土のセットもありますよ。

最初の方は本も参考にしてくださいね

tankakanren

-ことば検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.