ニュース検定

中国寄りだと批判された米国スポーツは?【ニュース検定】答えと解説池上彰

更新日:

中国寄りだと批判された米国スポーツは?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。 

ニュース検定の問題

*問題*

中国寄りだと批判された米国スポーツは?

    野球

    バスケットボール

 緑   アメフト

 

ニュース検定の答え

答えは     バスケットボール  

2019/10/25 - 10月24日、ペンス副大統領(写真)は、中国が香港市民の「権利や自由」を奪っていると批判するとともに、米スポーツ用品大手ナイキ と全米バスケットボール協会(NBA)は言論の自由を抑圧する中国政府の肩を持っていると痛烈に非難した――朝日新聞

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは ペンスの踏み絵

ペンス副大統領の演説

中国に対して最も 強硬な姿勢を保っているのはペンス副大統領です。

3ヶ月前に異例の演説を行い話題となりました。

アメリカの企業とプロスポーツ界が、中国の検閲を受けいれるのは間違っているだけではなく、非アメリカ的だ。アメリカ企業は全世界でアメリカの価値観のために立ち上がるべきだ

 

香港で続く民主化デモへの対応

アメリカの企業とプロスポーツというのは、ナイキとNBAのことです。

ペンス副大統領は彼らを批判した上で、香港で続く民主化デモにどう対応するのか踏み絵を迫ったのです。

中国とのビジネスを取るのか、アメリカの価値観をだいじにするのか選択しろというのです。

デモを支持するツイートがきっかけ

 

そもそものきっかけはアメリカの NBA のチームヒューストンロケッツのメンバーがこの民主化デモを指示するツイートをしたことです。

これに反発した中国の政府や企業などは、NBA の放送や商品の販売を中止しました。

この中国側の動きに、アメリカ企業は敏感に反応します。

中国の店舗で商品が回収へ

ナイキは中国の店舗で、ヒューストンロケッツの関連商品を回収、ロケッツの幹部は発言を撤回した上で謝罪に追い込まれました。

アメリカのスポーツ産業にとって中国市場は極めて重要です。

このため背に腹はかえられず中国側に屈服したのです。

ペンス副大統領もその事情は十分わかっています。演説の後半では米中関係を回復したいとも述べました。

トランプ大統領再選へ向けアメリカの対中政策は今後も硬軟織り交ぜたものとなりそうです。

前回の問題

赤字だった愛知・常滑市民病院再生のきっかけは?【ニュース検定】

ことば検定,元々の,意味,由来,今日の,グッドモーニング,林修先生

咳の由来は?【ことば検定】

中継先の”自動演奏楽器”、載せる予定だったのは?【お天気検定】

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問一覧はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.