ニュース検定

赤字だった愛知・常滑市民病院再生のきっかけは?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

赤字だった愛知・常滑市民病院再生のきっかけは?
ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。 

ニュース検定の問題

*問題*

赤字だった愛知・常滑市民病院再生のきっかけは?

    コンビニの受け入れ

    健康教室の開催

 緑   市民の声を聞く

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   市民の声を聞く  

 

ヒント:病院は廃止か新築か、市民と「100人会議」で決めよう

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 赤字病院再生

”100人会議”がきっかけで病院再建

こちらは2015年にオープンした常滑市民病院の様子です。

エントランスも吹き抜けで、随分立派な建物となっています。

これが昨日お伝えした老朽化した建物を建て替えたものです。

人気となったのは市民の声を聞く、”100人会議”です。

「流しの公務員」

この”100人会議”は、「流しの公務員」山田朝夫さんが立ち上げました。

山田さんは霞ヶ関でのポストを捨て、20年余り全国の各地の自治体を、腕一本で渡り歩いている”流しの公務員”です。

100人会議で変化が

100人会議では、当初常滑市の病院を潰そうという意見が多数でした。

会議には病院で働いている医師や看護師が長時間労働をしている実態を告白しました。

風邪薬をもらうため時間外に病院を訪れる患者、いわゆるコンビニ受診についても病院側から不満が出ました 。

こうした議論を進めていると100人会議の雰囲気が変わりました。

どうしたら病院を存続できるだろう、 私たちが病院を支えよう、という風になったのです。

会議に出席して病院が必要だということがすごくよくわかりました。--会議に参加した市民

・・・

普通市民というのは、行政サービスに対して受け身の立場ですが、そこで、自分たちが支えなければならないという主体、になったというところが、すごく大きなところだったんじゃないかなと思います――山田さん

市民の声を聞く 民主主義の原点

会議の結果を踏まえて、病院がきれいに建て替わると、入院患者が増えるなどして、経営が徐々に改善していったのです。

市民の声を聞く、そんな民主主義の原点こそが、病院再建の原動力になったのですね。

前回の問題

財政難だった愛知・常滑市で再生した施設は?【ニュース検定】

ことば検定,元々の,意味,由来,今日の,グッドモーニング,林修先生

アットウ的(圧倒的)の「トウ」と同じ漢字は?【ことば検定】

虹が出現しやすいのは?太陽の位置【お天気検定】

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問一覧はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.