ニュース検定

首都高建設に関係する歴史上の偉人は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

更新日:

首都高建設に関係する歴史上の偉人は?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。

ニュース検定の問題

 

*問題*

首都高建設に関係する歴史上の偉人は?

    徳川家康

    勝海舟

 緑   後藤新平

 

ニュース検定の答え

 

答えは      徳川家康 

 

ヒント:徳川家康が防衛を重視して造らせた、うねった道路や堀の地形が、首都高にそのまま生きている

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 首都高と偉人

首都高は5年の短期間で完成

 

東海道新幹線と同じ時期に整備されたのは首都高です。

完成までに500年かかるとも言われましたが、わずか5年でできました。

徳川家康のおかげ

なぜそれだけのスピード工事ができたのか、実は徳川家康のおかげなんです。

江戸時代の地図に首都高のルートを重ねてみましょう。

徳川家康が整備した水路や街道の上に、首都高は作られたのです。

東京五輪の前に急ぎの建設

その理由は時間と費用でした。新しく道路を作ったら用地買収に莫大な費用がかかるためです。

しかも当時の東京は、車が溢れていて大渋滞が発生しています。

東京オリンピックの開幕に間に合わないと、大混乱するのは目に見えていたのです。

複雑な構造の首都高

ただ水路の上に首都高を作る工事は困難を極めました。

江戸時代に整備された日本の街道へ日本橋を起点としており、昔の街道の上につくる首都高も日本橋付近で交わる仕組みになっていたのです。

江戸橋ジャンクション

そこで、江戸橋ジャンクションを作ることになりました。

別れたり合流したりする道路が、方向を変えるため曲がりくねった上、橋は上下3層になりました。

複雑な構造の道路の建設に立ち向かったのが、当時の技術者たちでした。

”技術の結晶”の首都高

東京オリンピックに間に合わなければ日本の面目が丸つぶれになると考え、工事は進められました。

首都高は当時の日本の技術の結晶だったのです。

前回の問題

東海道新幹線開通は五輪開幕の何日前?【ニュース検定】

ことば検定,元々の,意味,由来,今日の,グッドモーニング,林修先生

紙に由来する言葉は?【ことば検定】 答え林修

中継先の”自動演奏楽器”、載せる予定だったのは?【お天気検定】

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問一覧はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.