お天気検定

明治~大正時代に日本で普及したスケート靴は?【お天気検定】 答え 依田司

更新日:

明治~大正時代に日本で普及したスケート靴は?

お天気検定の答えをリアルタイムでお知らせしています。
お天気検定の時間は、7時35分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

「お天気検定」の問題と答え

今日のお天気検定の問題と答えです。

出題しているのは、気象予報士の依田司さんです。朝早くにありがとうございます。

今朝は アーバンドックららぽーと豊洲のスケートリンク からの出題です

お天気検定の問題

*問題*

明治~大正時代に日本で普及したスケート靴は?

    わらじスケート

    下駄スケート

 緑   スリッパスケート

 

答えは      下駄スケート  

 

1906年(明治39年)、長野県下諏訪町の飾り職人河西準乃助が、外国製のスケート靴を模して下駄の底に鉄製の刃をつけた「カネヤマ式下駄スケート」を発明した。この下駄スケートの流行により、スケートが日本国内に急速に広まった。 --wikipedia

 

今日のレジャースポット
アーバンドックららぽーと豊洲のスケートリンクが絶景!

東京周辺の今日の天気

東日本は晴れです
雨の地域も午後は晴れそうです

最高気温

東京の最高気温は 17度 

静岡は22度を超えます

全国の天気

 

週間天気予報

明日は雨になる模様です

このあと間もなく、池上彰のニュース検定が放送されます。

別ページ、ニュース検定 にて更新します。

tankakanren

-お天気検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.