ニュース検定

就職氷河期世代限定 宝塚市職員採用試験倍率は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

更新日:

就職氷河期世代限定 宝塚市職員採用試験倍率は?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。 

ニュース検定の問題

*問題*

就職氷河期世代限定 宝塚市職員採用試験倍率は?

    4倍

    40倍

 緑   400倍

 

ニュース検定の答え

答えは   緑   400倍  

 

いわゆる「就職氷河期世代」を対象に兵庫県宝塚市が行った正規職員の採用試験に400倍の倍率を突破して合格した内定者が記者会見し、苦労を生かし市民に寄り添った仕事をしたいと意気込みを語りました。--2019年11月25日 19時42分NHKニュース

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 宝塚市の試み

就職氷河期の世代を採用した宝塚市

 

兵庫県宝塚市が9月、就職氷河期の世代の人たちを対象に職員採用試験を実施し、話題となりました。

氷河期世代に限定した採用は市町村レベルでは全国で初めてだといいます。

競争率は400倍

 

その時の競争率は、およそ400倍でした。採用4人に対して受験者が1635人にも上がったのです。

宝塚市は当初受験者数を500人ほどと想定していたんですね。

しかし実際には予想をはるかに上回ったため、試験会場を3箇所から10箇所に拡大しました。

合格者の談話

 

まずほっとしたというのはあります 。宝塚への思いを真正面から受け止めてお役に立てたらというふうに思っています--合格者男性

 

一歩目を踏み出せばこういうことにつながるのもあるので、勇気を出して一歩目を踏み出して欲しいと思います--他の合格者

意欲にあふれた発言です。

就職活動で厳しい体験をしただけに、安定した仕事は魅力なのです。

「社会の責任」中川智子市長

 

宝塚市の中川智子市長は、非正規や引きこもりは自己責任でなく、救済しなかった社会の責任、まずは行政が自ら雇用すべきだと訴えました。

宝塚市の隣にある三田市も、同様の採用を始めました。

こうした動きがが今後どれだけ広がるか注目されています。

前回の問題

就職氷河期世代の高齢化で追加で必要な生活保護費は?【ニュース検定】

ことば検定,元々の,意味,由来,今日の,グッドモーニング,林修先生

ぬか、名前の由来は?【ことば検定】

熊本城の別名は?【お天気検定】

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問一覧はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.