ニュース検定

国際赤十字の創設者は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

国際赤十字の創設者は?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

ニュース検定の問題

*問題*

国際赤十字の創設者は?

    アンリ・デュナン

    フローレンス・ナイチンゲール

 緑   マザーテレサ

 

ニュース検定の答え

答えは     アンリ・デュナン   

ジャン・アンリ・デュナンは、スイスの実業家である。赤十字社を創設し、1901年に「第1回ノーベル平和賞」を受賞した。――wikipediaより 

池上彰の解説

ここから池上彰さんの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは  第一回平和賞

ノーベル平和賞が100回目に

ノーベル平和賞は1901年に創設されました。

第二次世界対戦中など首相がなかった年もあるので、今年はちょうど100回目です。

最初の受賞者はアンリ・デュナン

1回目に受賞したのは国際赤十字を創設したアンリ・デュナン、スイス人の実業家でした。

国際赤十字設立のきっかけはデュナンがイタリア北部の激戦地に立ち寄ったことがきっかけです。

イタリア統一戦争で救援活動

そこではフランスイタリアの連合軍とオーストリア軍が激突していました。1859年のイタリア統一戦争です。

そこでデュナンが目の当たりにしたのは置き去りにされた数多くの負傷兵たちでした。

デュナンは町の人々と協力して、彼らを教会に収容し、懸命の救護活動を行いました。

傷ついた選手はもはや兵士ではない、人間である。
人間同士として、その尊い生命は救われなければならないなければならない。

12か国がジュネーブ条約に署名

デュナンは激戦地での体験を本にまとめ、敵味方を超えた負傷兵の救援団体が必要だと訴えました。

この本は大きな反響を呼びました。12か国の代表がジュネーブ条約に署名し国際赤十字の誕生につながったのです。

デュナンのおかげでたとえ戦争中であっても人間の尊厳は守られなければならない、というルールが明確化されたのです。

事業の失敗で極貧生活に

ところがデュナンの人生はその後暗転します。事業に失敗し、表舞台から姿を消したのです。

極貧生活を強いられました。そんなデュナンをある日新聞記者が見つけました。

そして赤十字の創設者発見という記事を書いたのです。

デュナンは再び表舞台に戻りました。赤十字の父は栄光と挫折の人生を送ったのです。

 

前回の問題

リチウムが大量に埋蔵されている湖は?【ニュース検定】

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.