過労死ラインを超える公立中学教員は何割?【ニュース検定】答えと解説池上彰 - まるまる録

ニュース検定

過労死ラインを超える公立中学教員は何割?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

過労死ラインを超える公立中学教員は何割?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

ニュース検定の問題

*問題*

過労死ラインを超える公立中学教員は何割?

    2割

    4割

 緑   6割

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   6割   

 

過労死ライン、中学校教員の6割が基準越え --ハフィントンポスト

池上彰の解説

ここから池上彰さんの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 給特法

元教員の訴え

元教員の声をお聞きください。

私が教員をやっていた頃の在校時間の記録です。
1日から31日までずっと仕事が続いております。

1か月間に1日も休みがなかったんですね。

こんな状況ではやっていけないと、小坂さんらは教員の労働状況を見直すべきだと訴えました。

その際、教員独特の給与制度も見直すべきだと提案したのです。

教員独特の給与制度「給特法」

この給与制度は教職員給与特別措置法、給特法と言われ、教員の長時間労働の元凶と言われています。

給特法によって教員は、毎月給与の4%が上乗せされて支給されます。

残業手当の代わりです。1971年に制定されました。

当時の教員の残業時間は1か月28時間ほどだったため、それに相当する額として4%となったのです。

給特法は時代遅れに

給特法は現在、時代遅れだと言われています。

1971年の制定当時とは違い、今の教員ははるかに長い時間働いているからです。

中学教員の6割が過労死ライン越え

残業時間は月80時間を超えれば過労死ラインと言われていますが、中学教員の6割がそのラインを超えています。

中学教員は長時間労働は当たり前なのです。

小学校の教員でも3割が過労死ラインを超えています。

給特法が定額働かせ放題と批判されるのはそのためです。

教員は長時間労働のため志願者が年々減少しています。教員の残業について抜本的な改革が求められているのです。

 

前回の問題

鹿児島の集落”やねだん”は何に頼らない?【ニュース検定】

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.