レジャー

ワカサギが旬!天ぷらがおすすめ 観光物産展こいこい茨城県行方市

更新日:

ワカサギ漁の様子、茨城県行方市荒宿漁港と旬のワカサギが、グッドモーニングとお天気検定で紹介されました。

依田司さんが試食をする場面がありましたが、ワカサギの料理は天ぷらがおすすめだそうです。

行方氏の道の駅、観光物産展こいこいのアクセスも合わせてお知らせします。

スポンサーリンク

ワカサギ漁 茨城県行方市荒宿漁港

茨城県行方市荒宿港ではワカサギ漁がさかんです。

霞ヶ浦で採れるワカサギは、今が旬なんですね。

底引き網漁の様子

色つやがよくて、ぴんぴんしているワカサギ、見るからにおいしそうです。

このあとは、町のお店はもちろん、料理屋さんにおろされたり、道の駅で出荷、販売されます。

こちら、霞ケ浦のワカサギ漁は、このトロール船と呼ばれる船で、底引き網を使って行われます。

普段は朝2時に港を出て夜の7時まで漁が続きます。

北海道や青森のワカサギに比べて、成長が早く、身が大きいのが特徴だそうです。

ワカサギの料理

ワカサギの料理と言えば天ぷら。

いい音をたてながら、揚がっていきます。

依田さんが試食をして、大喜び。

熱くて身がほくほく、柔らかくて甘味があります。

この甘味には理由があって、産卵期を前に体が大きくなりまして、餌がプランクトンから小エビのようなものに変わるのだそうです。

ですので、ワカサギは今が食べごろ。冬の味覚を皆さんも召し上がってみてくださいね。

観光物産展こいこいのアクセス

〒311-3512 茨城県行方市玉造1963−5

 

お天気検定の主な紹介スポット

tankakanren

-レジャー
-

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.