100年前ヤマト運輸はトラック何台で創業した?【ニュース検定】答えと解説池上彰 - まるまる録

ニュース検定

100年前ヤマト運輸はトラック何台で創業した?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

100年前ヤマト運輸はトラック何台で創業した?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

ニュース検定の問題

*問題*

100年前ヤマト運輸はトラック何台で創業した?

    1台

    4台

 緑   8台

 

ニュース検定の答え

答えは     4台   

 

全国のトラック台数が204台だった1919年、ヤマト運輸は銀座でトラック4台を保有するトラック運送会社としてスタートしました。――ヤマト運輸HPより

池上彰の解説

ここから池上彰さんの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 空飛ぶトラック

過酷な宅配業界に救世主

アマゾンなどインターネット通販が普及、便利になった反面、非常に忙しくなった業界があります。

それは宅配業界です。膨大な荷物を効率よく運ぶのは、大変な作業です。

しかもドライバー不足や、再配達の問題もあります。

空飛ぶトラックの発案

そんな業界の救世主になるかもしれないのが、こちらの空飛ぶトラックです。

この空飛ぶトラックは無人の輸送機です。今年8月アメリカで試験飛行が行われました。

空飛ぶトラックの飛行の様子

 

 

一定の高度まで垂直に上昇した後、方向を変えてスピードを上げて飛行します。

時速は160 km 以上です。

今回の試験飛行ではおよそ30 kg の荷物を積むことができました。

ヤマトが”ポッド”の開発

この空飛ぶトラックの機体はアメリカ製ですが、荷物を入れる部分、ポッドと言われる容器を開発したのは、日本のヤマトホールディングスです。

このポッドはいわば海上輸送コンテナのようなものです。

宅急便を世界モデルに

コンテナには世界統一規格があり、荷物を効率的に運べるようになっています。

ヤマトは、このポッドをそんな位置づけにしようと考えているのですね。

2025年までに実用化を目指し、宅急便を世界モデルにしたい考えです。

クロネコヤマトの社長のスピーチ

ヤマトの社長は下のようにスピーチで述べました。

100年前に当社はまだ日本に204台しかないトラックのうち、 4台を購入してスタートしたわけです。
空飛ぶトラックは、まさにオンリーワンの新しい取り組みであると確信しています。

100年前はわずか4台のトラックで創業したヤマトが、 この空飛ぶトラックで世界市場に挑みます。

 

前回の問題
輸送新サービスでトヨタと提携した企業は?【ニュース検定】

付録:町の人が選んだ流行語大賞

ニュース検定の前に行われた流行語大賞を記しておきます。

1位 ONE TEAM

2位 タピオカ

3位 あおり運転

やはり大人気はラグビー関連でした。

他に「スターティン」「闇営業」「バイトテロ」などがありましたよ。

11月、もう今年も終りに近づいているんですね。

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

 

 

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.