輸送新サービスでトヨタと提携した企業は?【ニュース検定】答えと解説池上彰 - まるまる録

ニュース検定

輸送新サービスでトヨタと提携した企業は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

輸送新サービスでトヨタと提携した企業は?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

ニュース検定の問題

*問題*

輸送新サービスでトヨタと提携した企業は?

    日本郵船

    ヤマト運輸

 緑   ソフトバンク

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   ソフトバンク   

 

トヨタ自動車とソフトバンクは、自動運転車による移動サービス分野で包括的な協力を推進すると発表した。2018/10/04

池上彰の解説

ここから池上彰さんの解説です。放送後に追記します。

トヨタとソフトバンクが新事業

昨年10月、トヨタ自動車の社長とソフトバンクの社長が共同して、新たな会社を設立すると発表し注目を浴びました。

注目を浴びた理由は、”会社が車を売って稼ぐ”という従来のやり方を大転換する可能性があるからです。

MaaS マースとは

手掛ける事業はMaaS マースです。

モビリティアズアサービスの頭文字を取った言葉です。

移動の予約や決済

トヨタ自動車とソフトバンクは、マースのシステムを取り入れ、移動だけではなく他のサービスとの融合を目指しています。

マースのアプリを使用すれば、病院の予約とタクシーの配車を一度にでき、それら全ての決済まで出来るようになります。

スマホひとつで、いろんなサービスを利用できるようになるのです。

マースは世界に普及

世界ではこのマースを使ったいろんなサービスが普及しています。

フィンランドではマースのアプリが日常的に使われています。

マイカー利用が減少

その結果マイカー利用が減少したのです。

アプリを利用しながらマイカーも使っている人の割合が、40%から20パーセントに落ち込んだのです。

マイカーの代わりに、公共交通機関の利用が急増したのですね。

日本でもマースが普及すればマイカーの利用率が下がり、その結果いまあるショッピングセンターやマンションの駐車場がなくなり、跡地には緑地や公園が整備されるかもしれません。

さらに渋滞も緩和されます。

マースは自動車メーカーだけでなく、未来の私たちの生活に大きな影響を与えるのです。

前回の問題

独裁者ヒトラーが権力を手にした方法は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.