ニュース検定

1964年東京五輪の柔道無差別級王者はどこの選手?【ニュース検定】答えと解説池上彰

更新日:

1964年東京五輪の柔道無差別級王者はどこの選手?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。 

 

ニュース検定の問題

*問題*

1964年東京五輪の柔道無差別級王者はどこの選手?

    日本

    ロシア

 緑   オランダ

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   オランダ   

 

金メダルを取ったのはアントン・ヘーシンク選手です

ニュース検定の答えの解説

答えの解説です。放送後に追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 柔道

柔道がオリンピック競技に

 

日本のお家芸である柔道が初めてオリンピック競技になったのは1964年の東京オリンピックからです。

柔道無差別級では衝撃が走りました。

ヘーシンク選手が金メダル王者

 

日本のエースが破れ、金メダルを取ったのは、198センチの長身、オランダのアントン・ヘーシンク選手です。

この瞬間、日本の柔道が世界の柔道へと変わりました。柔道の国際化が進むきっかけとなったのです。

 

ヘーシンクは引退後も国際柔道連盟の理事を務め、辣腕を振るいました。

カラー柔道着の導入

 

注目されたのはカラー柔道着の導入です。

理由は単純で、「見ている人にわかりやすいから」。

日本の柔道界は、伝統を重視し、白の柔道着を主張しましたが、ヘーシンクはテレビ写りを重視したのです。

結局、ヘーシンクの意見が多数派となり、国際的な大会では、伝統的な「白対白」ではなく、「白対青」の柔道着で対戦することとなりました。

柔道のルールを変更

 

現在、柔道の世界をリードしているのは、国際柔道連盟のビゼール会長です。

ビゼール氏はわかりやすさを重視し、ルールを大胆に変更しました。

 

技のポイントは、それまでは細分化されていましたが、一本と技ありに集約し、旗判定も失くしました。

それは加納治五郎が作り上げた、一本を狙う本来の柔道に立ち返る動きでもありました。

 

柔道の商業化

 

ビゼール会長は、柔道の商業化にも力を入れています。

世界ランキング性を取り入れ、テニスの4大大会のように、国際大会を格付けし、スポンサーを呼び込んだのです。

 

初めてオリンピックの競技となって、半世紀余り。

日本の柔道は、国際化とのはざまに揺れながら、変化し続けています。

 

前回の問題
ヒマラヤ山脈の氷河が水源の川は?【ニュース検定】

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

 

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.