年金支給額を大幅に引き上げた総理大臣は?【ニュース検定】答えと解説池上彰 - まるまる録

ニュース検定

年金支給額を大幅に引き上げた総理大臣は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

年金支給額を大幅に引き上げた総理大臣は?

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

ニュース検定の問題

*問題*

年金支給額を大幅に引き上げた総理大臣は?

    佐藤栄作

    田中角栄

 緑   中曽根康弘

 

ニュース検定の答え

答えは      田中角栄  

 

1973年福祉元年の時の総理大臣は田中角栄です

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 豊かさの分配

池上彰の解説

ここから池上彰さんの解説です。

「福祉元年」で年金がアップ

 

戦後の公的年金で画期的な政策を実現したのは岸信介総理大臣でした。

もう一人、戦後の年金制度重要な役割を果たしたのが田中角栄です。

 

田中角栄は1973年を「福祉元年」と位置づけ、年金の支給額を大幅に引き上げました。

厚生年金の給付は、一気に2.5倍に引き上げられ、月額5万円になりました、

さらに、物価賃金スライド制も導入しました。

一方、保険料の引き上げはわずかでした。

高度経済成長期の年金

このように大盤振る舞いできたのは当時の日本が高度経済成長期だったからです。

税収が急ピッチで伸びる一方で、現役世代に対する高齢者の割合が低かったのです。

少子高齢化で保険料が引き上げ

ところが、1990年代以降状況が一変しました。

少子高齢化が進み、現役世代が多くの高齢者を支えることになったので、保険料が引き上げられ年金給付は抑えられるようになりました

いわば豊かさの分配から、痛みの分配に変わったのです。

前回の問題
公的年金を世界で初めて作った国は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

それではまた明日!

年金の問題一覧

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.