【ポツンと一軒家】山口県の元観光みかん農園で家族愛に遭遇 - まるまる録

ポツンと一軒家

【ポツンと一軒家】山口県の元観光みかん農園で家族愛に遭遇

投稿日:

ポツンと一軒家10月13日は、山口県の一軒家。

今回2時間半スペシャルに北海道の一軒家、宮崎県の狭上稲荷神社と共に登場します。

10月13日の「ポツンと一軒家」山口県の番組内容をお知らせします。

スポンサーリンク

「ポツンと一軒家」 とは

ポツンと一軒家,山梨県,所ジョージ,林修,テレビ番組内容,お寺,施設,徒歩,2時間

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。

そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?

衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく。

ポツンと一軒家 放送日時

10月13日(日) 18:30 ~  テレビ朝日

ポツンと一軒家 番組内容詳細

今回は、北海道、山口県、宮崎県の一軒家を目指します。

前回人気の北海道の外山さんの庭園の家

こちらのお宅は何しろ素晴らしかったです。

愛媛県 黄色のお茶の一軒家

番組に登場した黄色のお茶についてはこちらの記事に

10月13日の山口県のポツンと一軒家はどこ?

 

3軒目の一軒家は、山口県は瀬戸内海に突き出た、半島のような地域の山の中です。

一見、これまでの一軒家と変わりがないように見えますが、何しろ捜索がたいへんだったようです。

2日ががかりでの捜索に

捜索隊は、美しい海を見渡すことのできる瀬戸内海沿い集落から、捜索を開始します。

その最寄りの集落は、海越しに目当て一軒家がある半島を見渡すような場所で、家も多く立ち並ぶ比較的大きな集落のよう。

そこで通りがかった女性に話を聞いてみることに。

その女性から地元に詳しい人を紹介してもらい、衛星写真を確認してもらうと、目指す一軒家に住む家族のことも知っているようです。

捜索隊は、半島へと伸びる一本道を進み、やがてこんもりと茂る山の中へ!

なんとも素晴らしい景色。

 

山奥ですが、素晴らしいところですね。

 

そして山が開けると、見えてくる大きな家。

そこは、瀬戸内海を見渡せる山の上。斜面を切り開いて作られた石垣の上に、とても立派な今風の家がポツンと建っています。

しかし、家には人の気配はなく、近くの畑にも立ち寄ってみますが、人影は見当たりません。

一軒家の主に会えた!

1日目の捜索を諦め、捜索は2日目に突入。

そこぢゃっと、一軒家の主である井出さんに会うことができました。

ここは、井出さんのご実家。小学校の時は、5kmの道のりを歩いて通われたそうです。

何しろきれいなところです。井出さんも

海がなかったら生きられんね

とお話しになります。

今のおうちは、実家の隣に土地を切り開いて、新しい家を建てたそうです。

石垣を千個、奥さんと一緒に自分で積んで、さらに六角形の塀の飾りも考案されたそう。

みかん農園は、昔は一日に300人くらい来ていたそうですが、15年前に閉園。

けれども、市から農林課がお年寄りの生きがい対策に、みかん畑を貸してください、と言ってきたそうです。

そこで、75歳以上の人が集まって、みかん農園を協力しながら運営しているとか。

もっとも、井出さんの方は、ボランティア、つまり、無償で畑の管理をされているそうです。

うーん、それで、看板が残っていたんですね。

今は、小学生がミカン狩りをやりにやってくるので、子どもたちの遊び場や、遊具、そして公園も用意してあげているんです。

集落の共同墓地

井出さんが毎週通うところが、この場所。

集落の人が全員入っている共同墓地なのだそうです。

なぜ共同なのかというと、この地域に住んでいる人たちは、それぞれ相当距離があるところに家が点在しています。

なので、さびしいからお墓や一緒にしようよ、ということで、皆が共同でお墓を建てたのだとか。

「うーん、いい話ですね」と天海さん。

もちろん、井出さんがお参りはもちろん、管理もされているそうです。

13キロ離れた駅に孫を送り迎え

そして、お母さんは、13キロ離れた駅に、お孫さんの天音(あまね)さんを、迎えに来ました。

お母さん、雨音さんのお祖母さんですが、いまでもこれを毎日続けているそうなのです。

天音さんのお母さんは、広島で単身赴任で仕事をされているそうなので、天音さんは、中学1年生から祖父母と3人で暮らしているのですね。

両親と別れて、祖父母と暮らしているわけは、学校が12人の中学校に入学をして、自分が積極的になった。

なので、この土地を離れたくないということなのです。

それまでは4500人の学校から、たった12人の学校へ来たことで、逆に引っ込み思案でなくなり、社交的になったのだそうです。

ううむ、なんだか考えさせられますね。

ヨットハーバーで釣り

井出さんと天音さんは、朝6時に家を出てヨットハーバーへ。

なんと、井出さんはご自分のクルーザーを持っているのです。

その名前も、「レインボウ・セブン」。

トイレも台所も、寝室もついています。

 

天音さんも、釣り歴13年というのですから、すごいすごい。

終りに

 

今回の山口県の一軒家、お孫さんである天音さんと祖父母との交流がやはりすばらしかったですね。

それと、他の宮崎と北海道の一軒家も、それぞれ1回分の時間が長いので、うまくお伝えしきれませんでしたが、とにかく、山口県の風景が素晴らしい。

過疎の地だからダメとか、不便だとか、そういうものを超越する部分が、それぞれの人の暮らしの中にはあるということを考えさせられました。

過疎地だから、12人の中学校で生き生きと暮らせる天音さんの例や、都会のように便利ではなくても、みかんの畑があって、クルーザーで釣りもできる、うらやましいような暮らしぶりです。

そして皆さん、自分の土地を愛しているということ、さらに、家族が強い絆で結ばれているということ、また、人の暮らしの多様さにも驚きながら感じ入るばかりでした。

 

今回の2時間半スペシャル番組、とても楽しく見ることができました。

登場された皆様、ありがとうございました。

井出観光みかん農園

今回のお宅は、山口県周南市大島大和にある、みかん農家のお宅、「井出観光みかん農園」です。

周囲を海に囲まれた大島に位置し、眺望の良い高台にある広い広い畑です。

 

これまでの人気の一軒家は!

なお、アマゾンプライムに無料で登録するだけで、これまでの「ポツンと一軒家」の選りすぐりが動画で見られます。
ぜひお試しください。

ポツンと一軒家をアマゾンプライムで見る

tankakanren

-ポツンと一軒家

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.