剛力彩芽さんZOZO退任前澤社長と破局?1棟マンションをもらった - まるまる録

芸能界

剛力彩芽さんZOZO退任前澤社長と破局?1棟マンションをもらった

投稿日:

剛力彩芽さんの報道記事が週刊新潮に掲載、それによると、どうやら、前澤社長から一棟マンションをもらった気配があるというのです。

あるいはそのマンションは手切れ金なのでしょうか。そうなると、前澤社長とは破局間近、あるいはもう別れてしまっているのでしょうか?

スポンサーリンク

剛力彩芽さん前澤社長から1棟マンション!

昨日発売の週刊新潮に、前澤社長のZOZO退任についての記事が掲載されていました。

ところが、その中で、剛力彩芽さんが、前澤社長から1棟マンションをもらったというのです!

もちろん、前澤氏や剛力さん本人が話したことではないので、あくまで週刊新潮が取材で聞きつけた話ということになるのですが、それにしても驚きです。

剛力さんと別れる手切れ金?

というのは、マンション一棟というのは、一部屋ではなくて、文字通りマンションひとつまるまるということですので、金額は億単位ということになります。

その場合は賃貸マンションですから、毎月どんどん賃料が入る。

一部屋15万円のマンションで10室だったら、毎月150万円ずつ入るわけですし、そのマンションを売った場合も億単位で売れるということになります。

それをわざわざ剛力さんにあげるというのは、それが本当なら、剛力さんとはあるいは破局しているのかもしれません。

いわゆる”手切れ金”というのが悪ければ、「これまでありがとう」のプレゼントです。

金額が大き過ぎるので、普段のプレゼント、前澤氏なら100万円くらいは普通かもしれませんが、億のプレゼントですから、特別な時にしか考えられません。

紗栄子さんも別れる時にもらった一棟マンション

前澤社長は、剛力彩芽さんと交際する前は、紗栄子さんと交際していました。

世間ではドライな関係のように思われていますが、そうではない。少なくても、紗栄子さんは結婚を前提に考えて居たそうです。

そして今も改修中の、千葉の400坪豪邸、これは最初は紗栄子さんと住むために建てられたんですね。

前澤氏も紗栄子さんのマンションに出入りしており、紗栄子さんの子どもも前澤氏になついていた。

さらに、紗栄子さんの部屋の隣に、紗栄子さんの両親のためにマンション一室を買ってあげたというのですから、両親公認のそのくらい相思相愛の仲だったのです。

それが破局になったということで、紗栄子さんは、マンションをまるまる一棟もらったのです。

 

なぜ前澤社長と紗栄子さんは破局したのか?

その理由も、今号には書かれていたのですが、紗栄子さんは結婚するつもりだった。

ところが、前澤氏の事実婚の妻が反対したというのですね。

前澤氏には事実婚の妻が…

前澤氏は、一度入籍をする普通の結婚をしたことがあるのですが、最初の結婚は離婚で終わっています。

そのあとは入籍をしない事実婚との妻との間に、子どもがおり、さらに、次の2番目の妻との間にも子どもが居ます。

その、妻、あるいは妻たちに、紗栄子さんとの結婚を告げたら、子どもに遺産が来ない、相続の問題から、それらの事実婚の妻が反対、そのため、紗栄子さんとは破局したということなのです。

別な見方で言えば、紗栄子さんは、「自分も事実婚の妻でいい」とは思わなかったんですね。

なぜか。うーん、これは推測ですが、紗栄子さんの場合は剛力さんとは違って、前の結婚で授かった子どもが居るので、やはり、子どものお父さんが欲しかったのではないでしょうか。

きちんと入籍ができないということなのであれば、いさぎよく諦めてしまったのかもしれません。

剛力さんも結婚できない

そうなると、やはり剛力さんについても同じでしょうね。結局事実婚の妻が反対するということになります。

しかし、前澤氏の子どもの母ではあっても、法律的な結婚をしていない相手なので、普通は、離婚した妻や、法律的な妻でない人が、浮気するなとか、結婚するなとかは言えないわけなのですよ。

そういう場合は、離婚をするわけですから、前澤氏も離婚をしたらいいでしょうね、否、最初から結婚していないわけですよ。

それを、前澤氏が誰と付き合うの、結婚するのという時に、あれこれ言って、それを前澤氏が聞いているのだとすれば、それは”普通の奥さん”ですよね。

そうなると、子どもの居ない剛力さんでは太刀打ちできないでしょう。

前澤社長ZOZO退任の真相は"借金2千億"?

さらに、今回前澤氏には、会社の借金が2000億円あったと報じられています。

「ロックの人」と孫会長に言われたり、「好きなことをやりたい」と言ったりしているようですが、人はそんなことでは会社を手離したりはしませんね。

前澤氏は創業者ですから。

多額の借金を清算しなければならない。それと、どんどん赤字続きになってしまった会社であって、もう自分ではこれ以上どうしようもない、それで会社を売らざるを得なくなったというところが本当のところであるようです。

前澤氏は、会社を売って、2千億円を受け取ったということなのです。すごいですね。

これなら売ってもいいだろうと思いますが、ZOZOが儲かっていて、売らないでいたら、もっとあったわけですし、これからも収益を叩き出せたはずなんです。

会社はお金を生みます。売って受け取ったお金2千億円は、運用をしなければ、それだけで増えるわけではありません。宇宙旅行につぎ込むだけにしていたらいずれはなくなってしまうかもしれません。

なので、それを元手に新しい事業をしたい、と前澤氏は言っているわけですが、今は何の予定もあるわけではない、白紙です。

なので、新事業の方が儲かりそうだから、そっちをやりたいといった理由ではなさそうです。

社名をZOZOにしたのは剛力さんと交際後

なのでこういう大変な時ですから、2人の間がいざこざしたり、もう剛力さんどころではなくなった可能性もありますね。

だって、前澤氏には奥さんも子どもも実際にいるわけですので、それでも困らない。

しかも、会社名を『スタートトゥデイ』から『ZOZO』に変更したのは2018年。

剛力さんと交際を始めたのと同じ頃です。

前澤氏は、新しい社名を剛力さんを使って宣伝をした、いわゆる”広告塔”として利用したというシビアな見方があります。

すると、ZOZOがなくなったら、剛力さんは不要になるのでしょうか。

このタイミングで、”マンション1棟をもらった”という噂、なんだか変だなあと思います。

8月の誕生日で、前澤氏を「パートナー」と読んだことが話題になりましたが、どうやら結婚できそうにないし、それでもマンション一棟をもらっちゃったから、前澤氏の言うことを聞くしかない。

それで、「パートナー」ということで落ち着いたのだったかもしれませんね。

それにしても、剛力さんが心配です。前澤氏と交際後は仕事もしていないので、剛力さんの誕生日のインスタの「この世界で生きていくしかありません」というところに、やむにやまれぬ気持ちが伝わってきて、なんだか切ない気持ちになります。

いずれにしても応援していますよ。剛力さん、ガンバレ! 

tankakanren

-芸能界
-

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.