位置情報測定システムGPSを始めた国は?【ニュース検定】答えと解説池上彰 - まるまる録

ニュース検定

位置情報測定システムGPSを始めた国は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。

今週は建国70年、10月1日が建国記念日の中国に関する問題です。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 中国版GPS

 

ニュース検定の問題

*問題*

位置情報測定システムGPSを始めた国は?

    ロシア

    アメリカ

 緑   イスラエル

ニュース検定の答え

答えは     アメリカ   

 

グローバル・ポジショニング・システム(英語: Global Positioning System, Global Positioning Satellite, GPS、全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システムーwikipediaより

池上彰の解説

ここから池上彰さんの解説です。

GPSはアメリカが実用化

 

スマホやカーナビのGPS昨日は、今や日常生活に欠かせなくなっています。

そもそもこのGPSは、アメリカの人工衛星を使ったシステムです。

複数の人工衛星からの電波を使って、位置を測定する仕組みです。

 

1960年代にアメリカ軍が開発に着手し、世界に先駆けて実用化しました。

そして今、このアメリカの GPS に強力なライバルが現れました。中国です。

中国の人工衛星”北斗”

 

これは中国の打ち上げた人工衛星”北斗”です。

北斗は中国が独自に開発した衛星測位システムで、アメリカの GPS と同じような機能を持っています。

 

習近平政権はこの中国版 GPS によるサービスをアジアやアフリカなど世界中の国々に普及させようとしているのです。

アフリカで実用化も

 

北アフリカにあるチュニジアでは、中国版 GPS ”北斗”の名前を冠した施設ができています。

中国アラブ北斗センターと書かれています。

この建物の中には、人工衛星に関連する中国の製品がずらりと並んでいます。

センターの事務局長は「北斗」のレベルの高さについて語っています。

北斗が世界1位の数に

 

この北斗は、来年中にもアメリカの人工衛星の数を抜いて、世界1位になるともいわれています。

アメリカと中国は宇宙でも火花を散らしているのです。

前回の問題
文化大革命を主導した人物は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.