異端の経済理論MMTの成功モデルは?【ニュース検定】答えと解説池上彰 - まるまる録

ニュース検定

異端の経済理論MMTの成功モデルは?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。

ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

ニュース検定の今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは 異端経済学の成功例

 

ニュース検定の問題

*問題*

異端の経済理論MMTの成功モデルは?

    アメリカ 

    ギリシャ

 緑   日本

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   日本

ケルトン教授は「これまでの赤字財政で日本経済の過熱を招くことはなかったということです」として、「理論を実証してきた」日本を「成功例」と挙げている――livedoor news

池上彰の解説

ここから池上彰さんの解説です。

MMT理論とは

 

以前このコーナーで、財政赤字はいくら増えても問題ではないとする経済理論が、アメリカで大論争になっているとお伝えしました。

それが、MMT 現代貨幣理論です。

MMTは、自国で通貨を発行している国は、財政赤字で破綻することはないから、借金はかまわない、どんどん公共事業などのお金を投じるべきだ、とする考え方です。

提唱者ケルトン教授が来日

その提唱者、ニューヨーク州立大学の、ステファニー・ケルトン教授が7月に来日し、話題となりました。

政府の赤字は悪でもないし脅威でもない

 

従来の経済学との違い

従来の経済学では、財政赤字が増えすぎるといずれ借りるお金が無くなり、財政破綻を招くと考えられています。

しかしMMTは自国の通貨を持つ国では、お金をいくらでも発行し、借金返済に充てることができるため、財政赤字は積極的に拡大させ続けるべきだとしています。

日本MMTの成功例?

MMTはいわばバラマキ政策を容認する「うちでの小づち」なわけですが、ケルトン教授は、日本がその成功例だと絶賛しています。

日本が実行した多くのことが、MMTの主張が正しかったということを証明してくれた。

日本が成功例の理由は

日本は先進国でも、多くの借金を抱えています。それにもかかわらず、インフレも起こっておらず、財政も破綻していないからです。

日本政府は表向きにはMMTに否定的な考えを表明していますが、安倍総理のブレーンは容認派です。

秋の国会論戦が注目されます。

前回の問題

中国の無人探査機が世界初の着陸に成功した場所は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定 お天気検定  ニュース検定

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.