吉祥寺花寺 秋海棠とシュウメイギク 見ごろと営業時間,料金 - まるまる録

レジャー

吉祥寺花寺 秋海棠とシュウメイギク 見ごろと営業時間,料金

投稿日:

吉祥寺「花寺」群馬県川場村がグッドモーニングのお天気検定で紹介されました。

吉祥寺花寺の秋海棠とシュウメイギクと見ごろ、アクセス、拝観時間、料金についてお知らせします。

スポンサーリンク

吉祥寺「花寺」の秋海棠

吉祥寺は、秋の訪れと主に咲く秋海棠が見ごろを迎えています。

吉祥寺は今から680年前、1339年に建てられた歴史のあるお寺。

鎌倉建長寺を本山とする臨済宗の禅寺です。

 

境内にはたくさんの庭園があり、春には桜、秋にはシュウメイギクなど、100種類の花が咲くところから、「花寺」と呼ばれるようになりました。

 

 

本堂は、ぐるりと回れるようになっており、枯山水の御庭が見られます。

その先に秋海棠が咲き誇る一角があります。

 

4枚の花弁に見えますが、小さい2枚が花びらで、大きい2枚はガクなんですね。

ベゴニアという花壇の花がおなじみですが、秋海棠はそのベゴニアの仲間です。

 

 

ベゴニア同様、ひとつひとつは小さい花ですが、岩場を彩るピンク色がとてもきれいです。

 

 

こちらはシュウメイギク。

秋の清楚な花で、こちらも素敵な花ですね。

 

境内では抹茶と和菓子が、500円でいただけます。

 

 

 

今週末頃まで楽しめるということですが、その後、秋が深まると境内で紅葉も楽しめますので、ぜひおいでください。

拝観時間

午前9時から午後5時

拝観料

大人 500円
子ども(高校生以下) 250円

吉祥寺へのアクセス

 〒378-0115 群馬県利根郡川場村大字門前860

電車で行く場合

JR上越線沼田駅下車
川場巡回バス(右回り・左回り時間差あり)
吉祥寺入口下車、徒歩3分

車で行く場合

関越高速道路沼田ICを下車

駐車場

300台あり 無料

お天気検定の主な紹介スポット

 

tankakanren

-レジャー

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.