【ポツンと一軒家】山口県周南市 雲海を見ながら朝食 山奥の絶景露天風呂 - まるまる録

ポツンと一軒家

【ポツンと一軒家】山口県周南市 雲海を見ながら朝食 山奥の絶景露天風呂

更新日:

ポツンと一軒家に山口県の家が登場! 
山口県のどこにあるお宅なのでしょうか。

ゲストは田中要次さんと前田敦子さん、15日の「ポツンと一軒家」の番組内容をお知らせします。

スポンサーリンク

「ポツンと一軒家」 とは

ポツンと一軒家,山梨県,所ジョージ,林修,テレビ番組内容,お寺,施設,徒歩,2時間

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。

そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?

衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査しながら、人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく。

ポツンと一軒家 放送日時

9月15日(日) 19:58 ~ 20:54 テレビ朝日

10月13日の 山口県の家はこちらの記事に
【ポツンと一軒家】山口県の観光みかん農園で家族愛に遭遇

ポツンと一軒家 番組内容詳細

今回は、山口県の一軒家を目指します。

山口県のポツンと一軒家はココ!

山口県の東部、四方を山に囲まれた真っ只中に一軒家を発見!

衛星写真だと、屋根に太陽光パネル(?)があり、家の前には、最新鋭の乗りものがあるようにも見えます。

それにかなり、大きなお宅では? 

林先生は「御影石の採石場跡では?」と相変わらずお詳しい。

これならすぐわかるかもしれないと期待を持った捜索隊、山に囲まれた最寄りの集落からリサーチを開始!

親切な地元住民の案内

最初に声をかけた人から連係プレーで次の方、藤井さん72歳へへ。

地域について詳しいという地元の70代の男性を紹介してもらい、衛星写真を確認してもらいますが…

「こりゃあ、どこかいのぉ…上から見るっちゅうのもなかなか(わかりづらい)」

と、見当がつかない様子。

さらにお友達の”やっちゃん”を呼びに行き、その間はスタッフが奥さんに桃をごちそうになる一幕も。

「ちょっとわからんけど、とりあえず行ってみよう」

と笑う男性。

ううむ、この番組で出会う、地元の人はいずれも親切ですね。

これは人口の少ないところなのか、それとも「ポツンと一軒家」の知名度が上がったせいなのでしょうかね。

高所の悪路へ

捜索隊は、途中の山奥の家の住人に、さらに衛星写真を見てもらって教えてもらおうとすると、目当てのポツンと一軒家のことは知っているというのです。

しかし、目指す「マイタさん」の家に行くと、ここは集落であり、ポツンと一軒家ではないよ」

そこで予想外の事が起こる!

途中までは車で行けるはずの一軒家へと向かう山道は荒れすぎていて、どうやら最近人が通った様子がない!?

衛星写真の家にたどりつこうとした矢先に、とうとう「空き家」と判明!

ええー、こんなサプライズの展開が・・・

そこで案内の藤井さんの紹介で、「ナカヤマさん」のお宅に向かうことに。

林修先生が「これは新しいパターンだ!」という、今回の一軒家探し、無事一軒家の主にたどりつけるのか危ぶまれますが…

夢を支え合う夫婦

ようやく見つけた一軒家には、「クニコガーデン」と書かれた東屋が。

ターシャ・テューダーにあこがれた奥さんが、退職後はガーデニングをしようと、山の上に1千坪の土地を購入。

 

 

そこに、イギリスの家かと見まごうなきれいなログハウス風の家を建てて、雲海を見ながらの朝食、庭造りを楽しまれているのです!

 

 

ところが、その中山さん夫婦が、最初にここに案内をしてくれた、藤井さんも、山の上に一軒家を建てた(!)と教えてくれたのです。

 

藤井さんの”公園”の一軒家

ええーっ、なんでそれを言わないの。もくもくと中山さん宅まで案内してくれた藤井さんの家を再度訪れるスタッフ。

いや「うちのは、一軒家は一軒家じゃけど、テレビ出すようなもんじゃないよ」とあくまで謙虚な藤井さん。

スタッフが説得して、とうとう、藤井さんの一軒家を見せてもらうことに。

しかも、実際行ってみたら、それが家どころか、”公園”だったのです。

絶景の露天風呂

藤井さんは知人から山頂のこの土地を譲り受け、自分で重機を扱って、人に見せるための”公園”を建設。

そして、つつじ5千本の他、桜や紅葉を植えて、公園の整備を続けながら、22年前に家まで建ててしまいました。

 

 

大工さんと二人、ほとんど独力で建てたというのですが、これまでの一軒家に勝るとも劣らない素晴らしいお宅です!

 

囲炉裏がある広い居間やストーブのある土間など、その腕前に驚くばかり。

もともと建設業をされていたそうですが、これを、本業をしながら、1年の突貫工事で「本気で作った」というのですからびっくり。

仲間を読んで楽しむための家として作りましたが、声をかけてもらえば自由に使ってくれてかまわないとのこと。

そして、ご自慢の露天風呂がこちら。

仲間も年を取り、以前のようには集まらなくなったので、受け継ぎたい人が居れば、誰でもいい、大事にして山を受け継いでくれる人に「あげたい」と言うのですが、ううむ、これはさびれて荒れてしまうのは、到底もったいないお宅です。

藤井さんは本気のようですから、自力で維持ができそうな方であれば、どなたかご連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

終りにー「生き方のお手本」

今回山口県の2つの一軒家、「生き方のお手本」と林先生が言っておられましたが、いずれも素晴らしい一軒家、そして住民の方々でした。

自分の住むところを、自力で努力して整えていく、このすばらしいライフスタイルは、ぜひ見習わせていただきたいものです。

藤井さん、それから中山さん、素晴らしいお家のご紹介をありがとうございました!

 

これまでの人気の一軒家は!

なお、アマゾンプライムに無料で登録するだけで、これまでの「ポツンと一軒家」の選りすぐりが動画で見られます。
ぜひお試しください。

ポツンと一軒家をアマゾンプライムで見る

tankakanren

-ポツンと一軒家

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.